体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プログラマあるある満載!『裏切りのプログラム』作者・柳井政和氏がIT業界を舞台にした理由とは?

IT業界を舞台にした作品は実は初めて

デビュー作『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』は、「コードエージェント」という会社名の、腕のよいプログラマを企業に斡旋する企業が舞台になっている。しかも前編で書いたように、デビューまでには12年、50もの作品を書いて応募している。

自身もゲーム制作のプログラミングなどの経験を積んできた柳井氏だけに当然、ITやプログラムが舞台になった作品を過去にたくさん書いていると思いきや、違った。

なんと、IT業界を舞台にしたのは、この作品が初めてなのだという。もちろん経験があれば書きやすくなることは間違いないが、あえて書いてこなかったのだ。

「職業として小説を書こう、という気持ちがあったからです。もちろん馴染みの業界のほうが書きやすい。でも、そうすると数作でネタ切れになる。それに文章のレベルがまだまだ低かった。実力的にも、そろそろ行けるだろうと思い、今回、自分に近い業界の話を取り上げました」

レベルが低いうちに得意なものをバンバン使ってしまうと、ネタの在庫が切れてなくなってしまいかねない。

「手持ちのカードを使ったらおしまい、では危険です。小説家デビューするだけではなく、デビューした後、どう仕事をしていくか、どう書いていくか、ということも真剣に考えていたんです」

クロノス・クラウン合同会社 代表社員 柳井政和氏
「マンガでわかるJavaScript」「プログラマのためのコードパズル」などの著者。「めもりーくりーなー」などのオンラインソフトも公開。シミュレーションゲームなど思考系ゲームを作るのが好き。http://crocro.com/

だから、回り道は決して無駄ではなかった、必要な期間だった、と語る。実際、小説を作る方法論も、さまざまに試行錯誤をすることができた。

小説になりそうな情報は常に大量にストック

まずは、これだ、というテーマが決まればストーリーを思い浮かべて、一週間ほどで設計図を作るという。その後は、テーマについての調査に入る。基本はインターネットや書籍だ。

「なるべく評価が異なる、違うタイプの書籍を探したりしますね。あとは、最後のページにある参考文献がとても役に立ちます」

テーマについて最初の時点で詳しく知識を得る必要はないという。重要なことは、調査を進めるためのキーワードを知ることだからだ。

「調べたあと、地図が頭の中にできてくるんです。そうすると、足りていないところを、また調べればいい。まったくの白紙だと、どこに行けばいいのか、わかりませんから」

ぼんやりとでもそのテーマの地図を作るために、調査は重要なのだ。

「大学時代の研究と同じです。論文を見て、参考文献を見るところから始まりますよね。こうやって書くためにいろいろと調べていくことが楽しい。新しい世界が広がっていくからです」

小説になりそうな情報は常に大量にストックしている。ちょっとでも気になることは、すぐにメモするという。ニュースで見た話もネタになる。どこで使うかは全く決まっていなくてもいい。とにかくたくさんのネタを用意しておくのだ。

「普段から、たくさんの素材メモを残しておくことが大事です。これ、何かでいけそうだけど、ピースが足りない、という素材ストックは大量にあります。何かを突然、思いついて、これで1本書ける、となることもありますね」

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。