ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電車を見るのが大好きなのに!1歳7ヶ月で乗車デビューした意外な結末

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電車が大好きな息子。

「カンカンカンカン・・・」

踏み切りの音が聞こえると、たとえ泣いていてもニコニコ笑顔になります。

待ちに待った電車がやってきたら、もう大変!

ハイテンションで、叫び暴れてからだ全体で喜びます。

1歳7ヶ月になりだいぶ理解力がついてきたので、ただ散歩に行くといってもこだわりが満載です。

自分のお気に入りのカバンを持たなくてはいけないし、たとえ晴れていても傘を持って行くといってききません。

そして、散歩のコースは駅の真横にある踏み切り。

私の足でも8分はかかる距離を、自分で歩いていきます。

違う道に手を取り向かおうものなら、踏み切りの方に手を引っ張り、1歩も動きません。

踏み切りに到着しても、4~5本電車を見送らないと満足しなくなりました。 関連記事:ついに始まった三男との線路沿い通い。気持ちの切り替えで母も大満足の電車見学タイム byマルサイ

そんなに電車が大好きな息子なので、電車に乗せてあげたいなぁと考えるように。

普段移動は車が主流なので、大好きな電車には1度も乗せたことがありません。

「いつも眺めているだけの電車の中に乗れるんだから、どんなに喜ぶことだろう。」

と乗せる前から、息子の喜ぶ姿を想像して楽しんでいました。

そしてついに電車デビューの日。

いつものように踏み切りへ散歩に行き、3本電車を見送った後で駅のホームを指さし

「電車のすぐ近くに行って、電車に乗ってみようか?」

と声をかけました。

一度はすごく喜んだ顔をしたものの、いつもの場所から移動するのは嫌らしく、激しく抵抗します。

「電車さんの近くに行くんだよ。」

と何度も説得をしながら、やっと駅のホームに到着。

ホームのベンチに座り1本電車を見送ってから、電車に乗り込みました。

しかし、思っていた反応とは全く逆!

電車の椅子に座ると、手の中からするりと抜けだし、電車の外に出ようとします。

そして嫌だといわんばかりに叫んでいました。

「早く、出発して~。」と願うこと数分。やっとドアが閉まり出発しました。

公園のミニSLに乗って1周した時には、すごく喜んでいたのに・・・。

本物の電車はイメージがわかないのか、無反応。むしろ不機嫌になってしまいました。

機嫌もよろしくないので、結局隣の駅で電車を降りました。

降りると電車が近くに見えるので、大喜び。

乗車デビューには少し早かったようです。

良かれと思って電車に乗せてみたものの、思わぬ結末になりました。

いつも本で見ている電車や新幹線に乗ってお出かけするのは、まだまだ先かなぁと感じた出来事でした。 関連記事:6ヶ月の赤ちゃんと電車&バスでGO!お出かけ時の気持ちと時間に余裕を作るワザ

著者:ぴよモン

年齢:30代

子どもの年齢:1歳7か月

1歳男の子のママです。元気いっぱい!愛嬌たっぷりのわが子がかわいくてたまりません。自己主張が激しくなってきました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

毎日ふたりきりは正直キツい! ベビーには新鮮・ママには息抜きの救世主『児童館』
幼児用ハーネスを使っていた私に、あるおばあちゃんがかけてくれた意外な言葉 by イシゲスズコ
必要なのは覚悟と気合、そして運!? ベビーとのお出かけ荷物はミニマム主義!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP