ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本場・中国ではこちらが定番! つるつる&ジューシーな水餃子のレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本で餃子といえばたいていは「焼き餃子」のことを指しますが、中国では水餃子が主流。おめでたいときのお祝いやおもてなしの料理として食べることが多い家庭料理なんだとか。焼き餃子のパリッとした食感もいいですが、水餃子ならではの喉ごしの良いつるつるの食感とジューシーな味わいもまたたまりません。ぜひいっぱい作って家族・友人たちと食卓を囲んでみてください。

手作りならではのもちもちの食感

皮から手作り水餃子のレシピ | 料理サプリ

皮から手作りするスタンダードな水餃子。ちょっとハードルが高そうに見えますが、もちもちした楽しい食感は手作りならではです。一度覚えてしまえばすぐに慣れますので、ぜひチャレンジしてみてください。本場・中国と同じく黒酢を使ったタレでどうぞ。

美しい翡翠色がパーティーやおもてなしにぴったり!

エビとしいたけのほうれん草水餃子のレシピ | 料理サプリ

皮にみじんぎりにしたほうれん草とジュースを加え、皮を翡翠色に仕上げた水餃子。この美しい色合いは水餃子だからこそ。エビのぷりぷりした食感としいたけのうまみがしっかりきいて、いくつでも食べられそう。

スパイシーな五香粉の風味がポイント

スパイス水餃子のレシピ | 料理サプリ

五香粉とはシナモンや花椒、クローブなどが入った中国の代表的な混合スパイス。この五香粉をタネに加え、中華の本格的な味わいが楽しめる水餃子です。タネには粗みじんにした豚バラ肉を入れるので、噛めば口のなかにジューシーな肉汁がたっぷりあふれます。

いかがでしたか? ぜひみんなで一緒にタネを作るところから始めて、楽しいギョウザパーティーを!

関連記事リンク(外部サイト)

大豆の栄養が凝縮! 「豆乳」を使った夏にぴったりな特選レシピ
江戸時代は夏のスタミナ源! 味も栄養もうなぎに負けないドジョウ
夏にいっぱい食べたい! 旬のピーマンを使った特選レシピ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP