ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「暗殺教室」終えた松井優征 「10年は休みたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの日曜21時からの番組「SEIBU SOGO CREADIO」(ナビゲーター:佐藤オオキ・クリス智子)。8月28日のオンエアでは、ゲストに漫画家の松井優征さんをお迎えしました! 漫画「暗殺教室」の連載終了から5カ月が経ち、今後の活動についてどう考えているのか、ずばり伺いました。

ナビゲーターの佐藤とはテレビ番組で共演以来、親交があり、先日は一緒に野球観戦に行ったそうです。また、松井さんの作業机を佐藤がデザインするなど、仕事面でも付き合いがあるふたりですが、松井さんをよく知る佐藤曰く「松井さんは“無”を楽しむことができる人」。

人は何もやることがないと、不安になったり焦燥感に駆られたりするものですが、松井さんは“何もないこと”を楽しむことができる、クリエイターの中では稀有な存在だと言います。過去に「3年連載した後は3年休みたい」と言っていた松井さんですが、「暗殺教室」の連載が終わった今、実際はどのように感じているのか聞いたところ、「正直に言うと、10年以上は休みたいですねえ」とのこと(笑)。

「あまり焦って動き出すと、こけると思うので、慎重に休みたいですね」

ちなみに「暗殺教室」は、漫画だけでなく映画やアニメ、関連書籍と連動した上で、同時期に最終回を迎えたことが話題になりました。

佐藤:あれだけのいろいろな関係者が携わっているものを、同じ時期に同じオチでピタッと終わらせられるというのは、見たことがないなという気がしますね。

松井:あれができるなら、いろんなことができるかなって。

佐藤:でも逆にあれが出ちゃうと、次どうするのかな!? って思いますけどね。

松井:あのやり方は極限までやりましたので、もうあれ以上は無理。なので、また別の切り口を考えます。

今はまだお休み期間の松井さんですが、次回作では一体どんな仕掛けが待っているのか、今からとても楽しみですね!

【関連サイト】
「SEIBU SOGO CREADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/creadio/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP