体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

房総エリアで食べつくす♪絶品!ご当地&旬グルメ8選【千葉】

海鮮の宿 舟付

暑さのなかにも爽やかな風がそよぎ、一日遊んで心地よい時期を迎える房総。

8月には伊勢海老漁が解禁され、いよいよ秋が旬の海グルメもお目見えします!

日本有数の漁獲高と本州きっての早い漁解禁を迎える伊勢海老、三方を海に囲まれた房総の名物・金目鯛、伊勢海老と並ぶ高級食材・アワビ。

この時期の3つの旬グルメはもちろん、房総ならではの味覚がたっぷり詰まったご当地グルメまで、お腹いっぱい食べて、残りの夏を満喫しよう!

南房総エリア

1.海の湯宿 花しぶき

桜色が美しい、水揚げしたばかりの活・伊勢海老。

伊勢海老のお造り

海の湯宿 花しぶき網元から直接仕入れて料亭の生け簀へ。朝獲れの地魚とともに味わえる

南房総・館山で獲れた新鮮な伊勢海老のお造りは、プリプリとした食感と口いっぱいに広がる甘みが魅力。鮮度を追求し、活にこだわった伊勢海老を提供する。 海の湯宿 花しぶき

TEL/0470-29-0236

住所/館山市塩見233-4

アクセス/富津館山道路富浦ICより30分

駐車場/30台

「海の湯宿 花しぶき」の詳細はこちら

2.Sand CAFE

海の香り華やか!千倉名物のサザエカレー。

ご当地グルメ

Sand CAFEサザエカレー(サラダ付き)1380円。ホームメイドのケーキも味わえる Sand CAFE扉の向こうには、ヘミングウェイの名作『老人と海』をイメージした空間が広がっている

潮の香漂う店内で、千倉産サザエをたっぷり使った食感のよい名物カレーを。隠し味としてサザエの肝が入っており、豊かなコクと風味を満喫できる。 Sand CAFE(サンド カフェ)

TEL/0470-44-5255

住所/南房総市千倉町瀬戸2908-1

営業時間/9時~17時

定休日/火、第2・4月

アクセス/富津館山道路富浦ICより25分

駐車場/8台

「Sand CAFE」の詳細はこちら

九十九里エリア

3.白子ニューシーサイドホテル

夕食も朝食も伊勢海老を楽しむ太平洋一望の宿。

伊勢海老の汁物

白子ニューシーサイドホテル伊勢海老のお味噌汁。ボリュームたっぷりのバイキング形式の朝食とともにどうぞ 白子ニューシーサイドホテル夕食では海の幸をふんだんに使った創作料理が味わえる

九十九里浜に建つ海辺のリゾートホテルでは、夕食にまるまる一尾の伊勢海老お造りが登場する。翌日の朝食では、伊勢海老の頭を使った旨みたっぷりのお味噌汁が味わえる。 白子ニューシーサイドホテル

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。