ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スキミングだけじゃない?私が3ヵ月間に2回クレジットカードを不正利用された話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヨーロッパ一周中に、私は3ヵ月で2回のクレジットカードの不正利用の被害にあいました。クレジットカードの海外での被害と聞くと、真っ先に思いつくのがスキミングだと思います。

しかし、私のケースはスキミングとは違ったのです。その時の話を記事にしたいと思います。

 

旅初日に、クレカの不正利用に遭う

photo by Sean MacEntee

私は成田空港から、モスクワ経由で1カ国目のスペイン、バルセロナに行きました。初日は夜中だったので空港近くのホテルに泊まり、次の日市街地に向かうことに。このホテルの代金は、クレジットカードで支払いました。

次の日、町に移動してホテルに着いてWi-Fiを利用すると、クレジット会社からメールが。確認すると、なんと不正利用にあった可能性があるので、すぐに電話をくださいという内容でした。

 

急いで電話をかけると、「インドの航空券が請求されてきたのですが、買った覚えはありますか?」とのこと。行程には組み入れていなかったので、当然買っていません。

たった1回の利用でスキミング…?ちょっとモヤモヤしながらも旅はそのまま続けることに。

photo by shutterstock

このまま不正利用に合う可能性があるため、現在使用しているクレジットカードは使用停止となりました。ちなみに日本を出てからこの不正利用にあうまで、ホテルの会計の1回しかカードを使っていません。

「ひょっとしてスキミング?でもホテルの会計の時、ちゃんとスタッフの手元を見ていたと思うけどなぁ…」となんだかスッキリしませんでしたが、ひとまず被害は未然に防げたので、そのまま旅は続けました。

 

再発行のカードは日本に置いたまま利用することに

photo by PEXELS

再発行されたカードは、カード会社に登録していた日本の実家に届くことに。そのため実家に頼んで届いたクレジットカードの番号、有効期限等をSkypeを通して教えてもらい、ネット予約専用として使い続けることにしました。

 

他にもクレジットカードやデビットカードは何枚か持っていたのですが、停止されてしまったカードに慣れていたのと、旅先への移動手段とホテルはほぼネットで予約することにしていたので、ネット予約は実家にあるカード、街中では予備のカードを使用することにしました。

持っていなければ、スキミングの被害にも遭いようがないですしね。

 

しかし、その自分の手元にないはずのカードが不正利用に

photo by SplitShire

その後は順調に旅を重ね、約2ヵ月半が過ぎたあたりでした。また、クレジットカード会社から不正利用の連絡があったのです。今度は、日本国内から約10万円程の旅行券に使用されかけたそう。

しかも今回被害にあったカードが、ヨーロッパの街中で使用していたカードではなく、再発行され日本に置いたままにしてあるカードだったんです!

 

情報がバレたのはスキミングではなかった

photo by NEGATIVE SPACE

2回目の不正利用では、ネット上でしかカード情報が漏れることはなかったので、スキミングではなく「ハッキング被害」にあっていることが分かりました。

ちなみに、クレジット情報は画像が残らないようSkypeを通して口頭で番号を教えてもらっていましたし、番号を控えたメモもすぐに分からないようにひらがなで書いていました。

 

ということは、アカウント情報が漏れた可能性もあります。ゾッとしました。

それからすぐに自分が利用していた様々なアカウントを削除したり、パスワードを変更したりしました。幸い、その後被害に遭っていません。

 

被害に遭ったら、本当に面倒!

photo by shutterstock

実際に被害に遭うと本当に大変ですし、面倒です。クレカの再発行、アカウントの整理、パスワードの変更……結構な手間と時間がかかりました。

私は2回ともカード会社のシステムにより、実害には遭いませんでした。しかしカード会社に聞いてみたところ、もし仮に引き落とされてしまった場合、それが不正利用かどうかを証明するにはまた大変なことだと話していました。

 

二つの共通点から、空港のWiFiを利用していたときに漏れた?

photo by  kozumel

これはあくまで私の推測に過ぎませんが、空港のWiFi利用時に情報が漏れた可能性が高いと思っています。

どうやって漏れたのかまではさすがにわかりませんが、2回の不正利用のどちらの場合にも前日に空港でWiFiを利用した後に被害に合っているので、その可能性が高いと感じています。

 

調べてみると、空港のオープンアクセスは暗号化されていない場合も多く、知識のある人なら、簡単に他人のメールを読んだりすることも出来るそうです。

 

ネットのハッキングは一番身近な危険かも。注意して旅を!

photo by pixabay

ネットが身近すぎて、自分が被害に遭うイメージが沸きにくいところもあるかもしれませんが、逆にいつでも情報を読み取られる可能性はあります。

それにフリーWiFiは危険と知っていても、今やネットを利用しない旅というのは正直厳しいですし、空港は貴重なWi-Fi源ですよね。

しかし、オープンWifiにはむやみにアクセスしない、セキュリティの体制を万全にする、などの対策をしての利用をおすすめします。もちろん空港に限らず、オープンアクセスを利用する際は本当に注意して利用しましょう!

関連記事リンク(外部サイト)

ハネムーンを失敗したくない!最高に楽しむ5ヶ条とは
初めての旅行で喧嘩は嫌だ!カップル旅行で男性に理解して欲しい5つの事
「危険」と思ってたら本当は○○だった!見事に期待を裏切られた国ベスト5
世界一周経験者17人によるクレジットカードとキャッシュカードの使い方まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP