体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地方で生活するならクルマは必要か?東京湾の向こうで感じたこと —渡り鳥プロジェクト—

f:id:atsushimatsuoka:20160826154820j:plain

暑い季節は涼しいところへ、寒い季節は暖かいところへ。快適な環境を求めて移動しながら、どこでも同じように働けることをめざす「渡り鳥プロジェクト」。

連載第4回(前回はこちら)は、海を越えて「プチ渡り鳥」になってきたこの夏の体験記。「海を越えた」と言っても国境をまたいだわけではなく、東京から千葉まで東京湾を越えたに過ぎませんが、その延長線上に本格的な渡り鳥生活が見えてくるだろうと考えた上での実験、あるいは前哨戦といったところ。今回、何ができて、何ができなかったのか、そして見つけた意外な落とし穴とは。リオ五輪が終わっても心はまだまだ地球の裏側、フリーライター兼デザイン会社経営の松岡厚志がお届けします。

アクアラインの先でプチ渡り鳥生活

この夏は海に行きたいと思っていました。去年は息子が1歳になったばかりで遠出をしぶしぶ諦めたのですが、2歳になった今年は自由に歩けるどころか存分に走りまわれるほどに成長したため、そろそろ大きな海を見せてあげたかったからです。

そんな折、東京湾の真ん中に浮かぶパーキングエリア「海ほたる」にたまたま仕事で行くことに。そのまま東京湾を越えて千葉方面に抜ければ、内房や外房の海岸で遊べるチャンスが到来しました。以前、撮影の仕事で行ったことのある富津海岸なら砂浜も広いし、アクアラインの終点である木更津からもバスで行けます。きっと子供も連れて行きやすい。よし決めた、千葉に行こう。家族と休みを過ごしつつ、そのまま滞在先のホテルで仕事もしてしまおう。そんな思いつきで「プチ渡り鳥2016夏」がスタートしました。

まずは川崎駅からバスに乗って、海底トンネルへ。映画『シン・ゴジラ』で、のちにゴジラと命名される巨大生物が出没し、崩落のち浸水するあのトンネルです。青森と函館を結ぶ青函トンネルを抜けたときも興奮しましたが、東京湾の底を走るというのもなかなかワクワクするものです。そうこうしているうちにバスは洋上に顔を出し、海ほたるに到着。とある式典を取材した仕事はほんの一時間ほどで終わり、ゴジラの足跡の上を歩いたり、「ポケモンGO」でピカチュウをゲットしたりと満喫しました。フードコートで食べたあさり丼も美味しかったです。その後、陽が落ちる前にふたたびバスに乗り、アクアラインを千葉方面に進んで木更津に上陸。近くのホテルにチェックインしました。

f:id:atsushimatsuoka:20160826155327j:plain

iPad一台で仕事のほとんどができた

今回、持参した仕事道具はAppleの大型タブレット端末「iPad Pro」と専用スタイラスペン「Apple Pencil」、それから取材時の撮影用としてSonyの「レンズスタイルカメラ」。iPhoneに取りつけて一眼レフ並みの奥行きがある写真を撮影できる無線接続のカメラです。あとは充電器やアナログ手帳(ほぼ日WEEKS)なども持参しました。

特に「iPad Pro」は万能でした。普段はプライベートで利用することが多いですが、滞在先に持参すると、このわずか7mmの薄い板が僕の仕事場になります。仕事の内容にもよりますが、個人的にはほとんどこれ一台で仕事ができます。iPhoneでテザリングしてネットに接続できますし、原稿を書いたり、写真を編集したり、ネットショップの受注処理もできます。ちなみに本連載のイラストも「iPad Pro」で描いており、「Apple Pencil」を持参したのはそのためです。この「板一枚でシンプルに仕事している感」がたまりません。

文字入力については物理キーボードを外付けした方が、慣れもあって入力も早いのですが、今回は荷物を増やしたくないという理由で持参しませんでした。子連れの旅行も兼ねており、できるだけ身軽にしたかったからです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。