ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「カレーは飲み物です」or「週2でカレー」、の人必見! 斜め上をいく【オモシロカレー店3選】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

彼女よりカレーが好き、『メシ通』編集部です。

カレーは飲み物です」or「週2でカレー」って、それ自分のこと! っていうか、みんなそうじゃないんですか? カレーの嫌いな人なんて見たことないですよ。

チェーン店のカレーでも美味しくいただけるんですが、たまにはもっとガツンとくるのを食べてみたい、ってなわけで、今回はいずれ劣らぬ個性派カレー店特集です。ではカレー遠征、いってきま〜す!

まず最初は、二郎系カレー?

生ニンニクをどどーんとたっぷり盛り! ボリューム満点の個性的なカレーを出す名店・上石神井「analog.」に行ってきた!

西武新宿線・上石神井駅から徒歩2〜3分のところにある個性的な雰囲気が漂うカレー店「analog.(アナログ)」。店内はカウンターのみ5席。

▲カレーJAPAN 並盛り(750円)

こちらのお店、「カレーJAPAN」「チキンな彼へ。」、水を使用していない「プルシン」、パクチーを投入してくれる「アナログリィィィィンカレー」、「とりバジル」などのオリジナルカレーの中から、毎日2、3種類が店主の気まぐれで用意されています。

「カレーJAPAN」は、じゃがいもやにんじんが入る日本風のカレー、しかし単調な味ではない複雑な味わい。

▲「チキンな彼へ。」並盛り(750円)

こちらは大ぶりなチキンがたくさん入った、やや辛口のカレー。

あ、価格ですけど、全メニュー、並盛り→750円、大盛り(500~550グラムのご飯!)→850円、控えめ→680円、二種類のカレーを食せるハーフ&ハーフ→780円と、いろいろあります。

全体的にボリュームたっぷり! 並盛りでもご飯は約370g! 一般的なお店だと大盛りの量です。そして、このお店最大の特徴は……。

「にんにく入れますか?」

ラーメン二郎好きな店主が独学で生み出したカレーは、刻んだ生ニンニクとデフォの大盛りが特徴の男カレー!

仕事を終わらせて、お腹を空かせて挑みたい!

さて、お次は対照的な「しゃば派」カレーです。

カレーは「しゃば派」か「どろ派」か 〜しゃばしゃばの薬膳カレーを求めて〜

京王線調布駅から徒歩2分ほどの「かれんど」。

「かれんど」のカレーは理想的なしゃばしゃばカレーなのですが、「薬膳カレー」というワードでの評判も高い。要は「身体にいいカレー」として有名なんですね。

▲チキンカリー(600円)

ライスと別盛りのしゃばしゃばのカリー。豆腐サラダ付き。付け合わせのザワークラウト風タマネギがおいしいです。

先代のマスターがインドカリーを越えることを目的に作り出し、1985年から独自進化を続けた結果のこのカリー。作るのに8時間かかるそうです。

スパイシーで甘みがあってご飯にすごく合う。とにかくうま味がすごいんです。良いカレーっておいしさが複雑にできあがってますよね。それ。このシャバさでそれなのよ。

▲あんかけカリーうどん(850円)

そして実は、ここの店の一番人気は、この「あんかけカレーうどん」

あんかけの、これ以上ないってくらい本出汁の効いたとこにうちのスパイシーカリーを入れて、あんかけさんにしてある。しかも生姜あんかけよ。

この残ったつゆにご飯を入れるのも激ウマです!

写真を見ただけで、ヨダレが出てきます……。

そして最後は、隠れ家的バーでいただくオリジナルカレー!

ドライグリーンカレーが絶品!「新宿ドゥースラー」はフードも音楽もめっちゃベースが効いてるぞ!

新宿駅南口から徒歩4分。雑居ビルが並ぶ一角のビルの5階、ひたすら階段を登った最上階にあるカフェバー&サウンドスペース「新宿ドゥースラー」


オリジナルのスパイシーな料理を中心にしたメニューと、終電までクラブミュージックを楽しみたい音楽好きが集って酔いしれる隠れた名店。しかも純粋なクラブというより、食事が出来てダラっと飲めるお店。それがドゥースラーだ。店内のBGMは、クラブミュージックの中でもベース・ミュージック(レゲエ、ジャングル、ドラム&ベース、ダブステップなど)と呼ばれる重低音の効いたジャンル。

ここのオリジナルカレーが絶品との評判なのです。

▲ドライグリーンカレー(900円)

挽肉、ナス、タケノコなどが具材として使われていて、既存のカレーにはない独特の見た目。


ごはんの上に盛られたルー部分は具材&スパイスのみで汁っ気ゼロ! ただし口に含むと肉のジューシーさとタケノコの食感がスパイスを通して絡みあって絶妙な味わいを形取っている。食感を豊かにするためにナッツとフライドオニオンが振りかけられ、歯応えサクサク。風味を付けるためにパクチーもON!(苦手な方はナシでも注文可)。

ほぼ毎日、DJイベントが行われているというこのお店。好みの音楽の日に足を運んで、音楽とカレーでグルーヴって、最高かっ!?

ふ〜! すっかりカレー充でお腹いっぱいですね。さて、今日のカレーはどこにしようかな?

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:「メシ通」編集部

食を楽しみたい人のためのWebマガジン「メシ通」編集部です。 Twitter:@mesitsu

関連記事リンク(外部サイト)

カレーは「しゃば派」か「どろ派」か 〜しゃばしゃばの薬膳カレーを求めて〜
【森翔太】新婚イラストレーター夫婦の、食欲ナシでもOKな夏にぴったりディナー

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP