体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「カレーは飲み物です」or「週2でカレー」、の人必見! 斜め上をいく【オモシロカレー店3選】

f:id:Meshi2_IB:20160805154106j:plain

彼女よりカレーが好き、『メシ通』編集部です。

カレーは飲み物です」or「週2でカレー」って、それ自分のこと! っていうか、みんなそうじゃないんですか? カレーの嫌いな人なんて見たことないですよ。

チェーン店のカレーでも美味しくいただけるんですが、たまにはもっとガツンとくるのを食べてみたい、ってなわけで、今回はいずれ劣らぬ個性派カレー店特集です。ではカレー遠征、いってきま〜す!

まず最初は、二郎系カレー?

生ニンニクをどどーんとたっぷり盛り! ボリューム満点の個性的なカレーを出す名店・上石神井「analog.」に行ってきた!

f:id:Meshi2_IB:20160805154555j:plain

西武新宿線・上石神井駅から徒歩2〜3分のところにある個性的な雰囲気が漂うカレー店「analog.(アナログ)」。店内はカウンターのみ5席。

f:id:Meshi2_IB:20160805154851j:plain

▲カレーJAPAN 並盛り(750円)

こちらのお店、「カレーJAPAN」「チキンな彼へ。」、水を使用していない「プルシン」、パクチーを投入してくれる「アナログリィィィィンカレー」、「とりバジル」などのオリジナルカレーの中から、毎日2、3種類が店主の気まぐれで用意されています。

「カレーJAPAN」は、じゃがいもやにんじんが入る日本風のカレー、しかし単調な味ではない複雑な味わい。

f:id:Meshi2_IB:20160805155436j:plain

▲「チキンな彼へ。」並盛り(750円)

こちらは大ぶりなチキンがたくさん入った、やや辛口のカレー。

あ、価格ですけど、全メニュー、並盛り→750円、大盛り(500~550グラムのご飯!)→850円、控えめ→680円、二種類のカレーを食せるハーフ&ハーフ→780円と、いろいろあります。

全体的にボリュームたっぷり! 並盛りでもご飯は約370g! 一般的なお店だと大盛りの量です。そして、このお店最大の特徴は……。

f:id:Meshi2_IB:20160805155949j:plain

「にんにく入れますか?」

ラーメン二郎好きな店主が独学で生み出したカレーは、刻んだ生ニンニクとデフォの大盛りが特徴の男カレー!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。