体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ

「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ

成長し、社会に出て「大人」と呼ばるようになったとたん、「身の程を知る」という言葉に自分の限界を押し込めようとしていないか。アスリートたちががむしゃらに挑戦し続ける姿勢を描いた内容に、どこか奥歯をぎゅっと噛みしめたくなる想いを、あなたも少なからず抱くはず。

「身の程知らず」は褒め言葉

「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ

身の程知らず──。日ごろネガティブな意味合いで使われるこの言葉が、自分の可能性を信じて一直線に突き進む人たちにとっては、大きなエールにもなる。

「身の程知らず」を逆説的に捉えることの必要性を説いた、NIKE JAPANによるこのプロモーション動画は、なぜか終始、子どもたちの否定的なスローガンとともに展開されていく。一部抜粋したものがこちら。「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ 今日もいちにち人の言うことをよくきいて「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ 空気を乱さずでしゃばらず「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ 敷かれたレールをはみださず「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ できないことはやらないように「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ 楽しむだけじゃ意味がない「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ 将来早めに見きわめよう「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ 自分の身の程わきまえよう「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。