ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

失われた機能が戻ってくる!最新再生医療の世界を覗いてみよう

  • ガジェット通信を≫


例えば、失明をしてしまって視力がなくなったり、事故によって足を切断してしまったとき、視力や足が戻ってきたら夢のようではありませんか。

そこまでの技術はありませんが、現在医療機関における「再生医療」は目を見張る発展を遂げております。

そこで今回は「最新再生医療事情」について、医師に解説をしていただきました。

薄毛・脱毛症の治療に有効な最新再生医療

脱毛症を治療する方法として、毛髪を作り出す毛包器官を最新の技術によって作り出す、というものが日本の研究機関や企業などの協力で開発されました。

これは、毛包器官を作り上げている毛包原基という細胞を再生することによって行われるものですでにマウスでは毛を再生できることがわかっているということです。

今後、人間への臨床応用を目指して研究がすすめられ、2020年の実用化を目指しているということです。

がんに関する再生医療実例

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いたがんの治療法があります。

その患者さんやまたは別の人から血液を採取し、そこに含まれる細胞からiPS細胞をつくってナチュラルキラー細胞と呼ばれる高い免疫機能を持つ細胞に変化させ、それを患者の体内に戻す免疫療法などが考えられており、研究が行われています。

患者さんにも負担が少ないので、ぜひ期待したいところです。

美容に関する再生医療実例

美容の分野では、クリニックなどによっては加齢などによってしわなどが出来てしまった部分に脂肪組織由来の幹細胞を注入したり、血小板を注入したりといったものを行っており、PRP治療、FGF治療などが良く知られているようです。

ただ、多くの部分はまだ研究段階にあり、治療後にその部位が腫れてしまったりしこりが出来てしまったりといったトラブルもたびたび聞かれるます。

美容に関する再生医療をおこなう場合はそのメカニズムや実績などをよく理解したうえで信頼のおける医療機関でおこなうようにしましょう。

これから期待されるであろう最新再生医療

iPS細胞を利用した再生医療は、現在それほど一般的ではないものの、すでに目の病気で行われ神経内科疾患であるパーキンソン病などでも実施が予定されています。

今後、脊髄損傷などでも治療開始が予定されているそうです。

iPS細胞による治療で、失われた機能を取り戻すことが出来れば、まさに夢のような話です。

日進月歩の再生医療

再生医療は、ニュースなどで話題になることも多い、非常に夢のある、今後大きな可能性のある医療と言えます。

もちろん、医療の大事な選択肢として知っておきたいものではありますが、同時にまだ、新しい研究段階のものであるのも事実です。

自分の身体に自分の細胞を入れるといっても、発がん性その他の部分で解決されていない問題がある場合も考えられます。

すぐに飛びついたり、必要以上に恐怖したりすることなく既存の治療法で好ましい結果が得られない場合については慎重にメリット・デメリットを判断して実施を決めたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

「宮園かをり」を苦しめた病魔とは?「四月は君の嘘」を医師が考察。
便秘にはさまざまな原因がある!医師が教える便秘の原因と解消法
いつでも笑顔を忘れないで。「笑い」には身体にも心にも素敵な効果。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP