ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウソでしょ!?ヘルシーだと思いきや実は高カロリーな食材3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウソでしょ!?ヘルシーだと思いきや実は高カロリーな食材3選
「ちゃんと食事量をセーブしているはずなのに、全然やせない!」そんな場合は、もしかしたら“量”ではなく“質”に問題があるのかもしれません。高カロリーな食べ物は、ケーキやお菓子、揚げ物類だけではないんです。一見ヘルシーに見える食べ物の中には、“実はかなり高カロリー”な食品もあるのです・・・!

「サラダは低カロリー」は大間違い!?

「生野菜なら、いくら食べても大丈夫。」確かに、“葉もの”野菜はかなり低カロリー。キャベツやレタスなどが中心のグリーンサラダならば、2人前を食べても50kcalに満たないケースがほとんどです。

しかし、ジャガイモやサツマイモ、パスタなどの糖質の多い食品が入っているものや、ハム・チーズなどの脂質の多い食品が入っているもの、味の濃いドレッシングがたっぷりかかっているものなどは要注意。

ポテトサラダ1人前は150〜200kcal、パルメザンチーズや味付けの濃いドレッシングが使われているシーザーサラダは1人前でも300kcal近い場合があります。

糖質の多いサラダのイメージ

「軽いおつまみ」は軽くない!?

実はおつまみにも落とし穴が。さきいかは100gで約300kcal前後、ピーナッツは100gで500kcalを超えます。塩気が効いているおつまみは、一度食べるとやめられなくなってしまいがち。気づけばたくさん食べていた!ということも多いのではないでしょうか。

小鉢スタイルで乾き物やナッツ類、揚げ物などたくさんのおつまみを組み合わせると、知らず知らずのうちに余計に食べてしまい、結果的にカロリーオーバーに陥りやすくなります。

さきいかのイメージ

「和食=ヘルシー」ではない!?

野菜をたっぷり使う和食は、栄養バランスが整いやすいためヘルシーだと思われがち。ですが“全てが”ヘルシーとは限りません。

たとえば、煮物の味付けを濃くすれば、砂糖や醤油、みりんなどの調味料を入れた分だけカロリーが高くなります。こってりとした味付けの料理や揚げ物も同じ。食材がヘルシーでも、食べ方次第で太りやすい料理に変わってしまいます。

和食のイメージ
食材によっても、味付けの仕方によってもカロリーは変わります。「野菜なら大丈夫」「和食屋さんなら大丈夫」という認識ではなく、“どんな食べ方をすると高カロリーになるか”に注目して、バランスを整えてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

「耳」を洗うと小顔&美肌に!?耳と顔の筋肉はつながっている!
【肝臓強化ダイエット】お疲れ肝臓をリセット!血行アップ、温め、動かす強化ストレッチ5つ
肩こり腰痛は「足」の問題が関係している?足の悩みは筋力アップで解決!
私はこれで太った or 痩せた!みんなのリアルなダイエット事情を大公開!
いつもの生活を「ちょっとキツいダイエットトレーニング」に変える3つの方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。