体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

とり皮が超絶うまい店「かわ屋」の 「しぎ焼き」「ダルム」を知っているか?【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20160817160357j:plain

毎日予約でいっぱい。福岡で1番有名といっても過言ではない、焼き鳥店といえば「かわ屋」ではないでしょうか。

通常焼き鳥店では、サブのイメージが強いとり皮がココではメイン。「とりあえず20本!」なんて当たり前。とり皮だけで、1日80~100kgの消費量というから、そのすごさたるや!!

f:id:mesitsu_lb:20160817160702j:plain

ここは福岡市警固。ビジネス街である天神からほど近く、オシャレなお店や飲食店が軒を連ねます。そこでひときわ目立つオレンジ色の看板。

こちらが「かわ屋 警固店」です。

f:id:mesitsu_lb:20160817160721j:plain

さすが人気店。この日も大盛況です。時間で区切られ次から次にお客さんが入れ代わり立ち代わりやってきます。みなさん予約組です。

こちらの人気店、予約なしで入ることはひじょーーーに難しいのです!

f:id:mesitsu_lb:20160817160736j:plain

「とり皮!」

さすがの量です。でも、本当に1テーブル20本〜30本注文したりするから、あっという間に減っていきます。

f:id:mesitsu_lb:20160817160801j:plain

店長さんが、絶妙なタイミングでたくさんのとり皮を次々と焼いていきます。さすが職人さんの手さばき。

やっぱり、とり皮は当然美味しいのです。メディアでも取材されていて、福岡県民の周知の事実です。なんと言っても「かわ屋」ですから!

そして、それだけではなくサブメニューも本当に美味しいのです。

ぜひ食べていただきたい!

f:id:mesitsu_lb:20160817160827j:plain

▲ささみのしぎ焼き 2本で1皿378円

鳥のささみのしぎ焼きです。すでにファンも多いようですが、わたし、焼き鳥店で初めてお目にかかりました。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。