ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】ボクシング映画『My Name Is Lenny(原題)』、ロンドンで撮影を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ボクシング映画『My Name Is Lenny(原題)』の撮影がロンドンで開始された。映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や、映画『X-MEN:アポカリプス』に出演したジョシュ・ヘルマンが出演する。

サロン・ピクチャーズがプロデュースを行い、ライオンズゲートによって英国内で公開される本作は、ロンドン北部にあるホクストンとイズリントンで4週間以上にわたり撮影される予定だ。

『My Name Is Lenny(原題)』は、「ザ・ガバナー」の呼び名で知られるベア・ナックル(素手で戦うボクシング)選手、レニー・マクリーンの実話に基づく物語だ。ヘルマンはボクサーのマクリーンを演じ、テレビドラマ『This Is England:90(原題)』で第69回英国アカデミー賞テレビ部門で助演女優賞を獲得したシャネル・クレスウェルは、妻のヴァル・マクリーンを演じる。UFCミドル級チャンピオンのマイケル・ビスピン(ドラマ『ツイン・ピークス』、映画『xXx<トリプルX>:再起動』)は、マクリーンの最大のライバルであるロイ・“プリティ・ボーイ”・ショーを演じる。

その他の出演者には、マイケル・ガンボン(映画『ハリー・ポッター』シリーズ、映画『ヘイル、シーザー!』)、ニック・モラン(映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』)、ジェニファー・ブルック(映画『Astral(原題)』)、チャーリー・パーマー・ロースウェル(映画『レジェンド 狂気の美学』、テレビ『Ripper Street(原題)』シリーズ)、そして現ベア・ナックル・ボクシング世界チャンピオンのデッカ・ヘッジが名を連ねる。

監督はロン・スカルペッロ(映画『Offender(原題)』、映画『PRESSURE/プレッシャー』、映画『Bobby(原題)』)、脚本はポール・バン・カーター(映画『Offender(原題)』、映画『The Guv’nor(原題)』)とマーティン・アスキュー(映画『Snow in Paradise(原題)』、映画『ロックンローラ』)が担当する。

プレス発表によると、「『My Name Is Lenny(原題)』は、レニー・マクリーンの1970年代東ロンドンにおける若きストリート・ファイター時代を原点として、絶えず付きまとう子供時代に受けた恐ろしい虐待の影響や、激しいライバル関係にあったロイ・ショーとの3度に渡る非公式のボクシングの試合、最後には『ザ・ガバナー』のチャンピオン・タイトルを獲得するまでを記録した作品である」ということだ。

晩年のマクリーンはベストセラー作家となってテレビや映画にも出演するようになり、1998年に亡くなる少し前には、ガイ・リッチー監督のデビュー作である映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』の“バリー・ザ・バプテスト”として最もその名を知られていた。

ヴァン・カーターとサロン・ピクチャーズの創設者仲間であるニック・タウシングは、レニーの息子であるジェミー・マクリーン、パトリオット・ピクチャーズのマイケル・メンデルスゾーンと並んでプロデュースを手掛ける。サロン・ピクチャーズのクリストファー・J・レイノルズはエグゼクティブ・プロデュースを担当する。メンデルスゾーンのユニオン・パトリオット・キャピタルが完全出資し、エンバンクメント・フィルムズのティム・ハスラムとユーゴ・グランバーは海外の販売を担当する。

サロン・ピクチャーズはまた、ライオンズケートによる長編ドキュメンタリー映画『The Guv’nor(原題)』のプロデュースも担当した。同作は10月10日(現地時間)にDVDが発売される予定だ。

最近サロン・ピクチャーズは、ブライアン・コックスとミランダ・リチャードソンが出演するジョナサン・テプリツキー監督の映画『Churchill(原題)』の製作を終えた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP