ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本初 日本酒と地ビールの工場見学スポットが京都・伏見にオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫


古くから「酒蔵のまち」として知られる京都・伏見に、日本酒造りと地ビール造りの工場見学が同時にできる日本で初めてとなる施設が2016年8月25日オープンした。その名は「黄桜 伏水蔵(ふしみぐら)」。カッパのキャラクターで知られる黄桜が手がけ、まさにお酒好きにはたまらない見学内容が目白押し。一足お先に見学した様子などをリポートする。

「黄桜 伏水蔵(ふしみぐら)」は5階建て。カッパのモニュメントが置かれた入口をくぐると、伏見をはじめ貴船、鴨川など清酒やビールに欠かせない命ともいえる“水”をテーマにした「京都の水景色」の映像が紹介されている。
そして、2階で日本酒造りと地ビール造りの工程、黄桜ならではのこだわりなどを紹介する映像を見たあと、5階へ。日本酒造りで最も重要な「一麹、二もと、三造り」の作業風景を窓越しに見学しながら、“酒は生きもの”というまさに職人技が垣間見られる。より良い酒を作るための米選び、米を磨く作業の大切さなどを紹介するパネルも展示している。
4階では、京都で初、日本で7番目に地ビールの免許を取得した黄桜の地ビール「京都麦酒」へのこだわりを紹介。全国から集められたたくさんの地ビールがズラリと並び、ゆずやコリアンダーなど意外ともいえる副原料を使ったビールの展示などもあり、見ているうちに思わず地ビールが飲みたくなってくる。地ビールを缶に詰めて箱詰めする作業も見学でき、3階では黄桜の創業から現在までの歴史、facebookで活躍中の「カッパ課長」の紹介パネルも。

再び2階で地ビールを醸造する様子を見学した後は、レストランとショップのフロアへ。レストランでは、この蔵で造られた、まさにできたての日本酒とビールが楽しめる。特に味わってほしいのは、600mlボトル1本3万円という高級日本酒「黄桜DIAMOND」で、1杯1,500円で試飲ができるので、ぜひ。直営店限定という生原酒も、清酒好きにはたまらない。地ビールでは、清酒酵母を使って日本酒の香りも楽しめる「京都麦酒 蔵のかほり」などできたて樽生がグラスで味わえる。ショップでは、「黄桜DIAMOND」をはじめとした清酒、地ビールも販売する。
伏見には、訪日外国人に人気の伏見稲荷神社、坂本龍馬ゆかりの寺田屋などの観光スポットもある。京都観光や伏見の酒蔵めぐりに合わせ、ぜひ訪れてみて欲しい。




「黄桜 伏水蔵(ふしみぐら)」営業時間:10時~16時(年末年始休み)駐車場:大型バス14台、自家用車31台(入館者は無料)入館料:無料(要予約)http://kizakura.co.jp/ja/fushimigura.html
黄桜ホームページ(キザクラ・KIZAKURA)http://kizakura.co.jp/ja/
【Nicheee!編集部のイチオシ】
・ 昔の香港にタイムトリップできる「スタバ」テーマカフェ
・チェコのスタバがかわいすぎる「ハリー・ポッター」の世界!
・イタリアに「スタバ」が1店舗もない理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP