ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Beck本人が語る「特別な存在の曲」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜朝6時からの番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「FALKEN MEMORY TUNES」。8月27日のオンエアでは、Beckさんの“MEMORY TUNE”を紹介しました!

今年のフジロックにも出演した、説明不要のレジェンド・アーティストBeckの思い出の曲は…Siouxsie And The Bansheesの「Spellbound」

子どもの頃からこの曲を聴いていたそうで、最近はライブ前に、自分やメンバーを鼓舞させるための特別な存在の曲だと話します。

「パンクの要素や、ビートルズの60年代の要素、80年代の要素、ゴシックなど…こんなにも多彩なジャンルの音楽を融合させているこの曲が、自分にとってのMEMORY TUNEだね」(Beckさん)

今年10月には待望のニューアルバムもリリース予定。ハリーによれば、「『今回は勢いで勝負』と言っていたので、もしかしたら、ヘヴィなギターのリフとかが聴けるかもしれません!」とのことです。

Siouxsie And The Bansheesの「Spellbound」と共に、ニューアルバムも要チェックです!

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP