ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

二度と中国の病院なんて行くもんか!中国語が話せない僕が体験した怖すぎるエピソード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そう、あれは5年前の夏。仕事のために中国の大連市に引っ越しをして、新しい生活を始めました。以前に日本が統治していたこともあり、英語よりも日本語が通じる都市大連。

空気が悪く、街中に変な匂いが溢れている場所もありましたが、新しい仕事と環境を楽しみながら働いていました。

しかし、中国に引っ越しをしてから1ヶ月半がたったとある日の午後。突然の激しい頭痛に襲われ、仕事を早退。家で寝れば治るかなと思いましたが、症状はひどくなるばかり。

ということで体調を崩した翌日、中国で初めて病院に行くことになりました。

 

まずは保険会社に電話

photo by .v1ctor Casale.

実際に病院に行く前に会社で加入している保険会社に電話をして、色々手配してもらいました。診察にも立ち会ってくれるらしい。良かった。まずそう思いました。

なぜなら中国が全く話せないので、通訳をしてもらわなければ病院にいっても無意味。中国で働いているのに中国語が話せないのか?という疑問は、とりあえず無視でお願いします。

 

本当に病院まで行けるのか?

photo by Virtual EyeSee

保険会社の方に電話した後、タクシーで病院に向かいます。タクシードライバーの方は中国語オンリーが基本です。ここまでは思ったより簡単で、病院の名前を漢字で書けばいいだけ。

発音は違うけれど漢字は読めるので伝わります。正確には中国で使われている漢字の字体は、日本とは違うようですが。

しかし問題が起きました。どうやら似たような名前の病院があるようで、最初は間違った病院に連れて行かれました。電話で保険会社の人に通訳してもらって、正しい病院を伝えてもらいます。

 

リーベンレン、リーベンレン、リーベンレン

photo by  Skype Nomad

これで安心かと思ったのですが、ドライバーの方に電話が掛かってきました。「すいません電話に出ます」なんて許可は取らずに、もちろん電話に出ます。

客がいるのに普通に窓からツバ吐いて運転するし。日本では考えらないことがよく起こります。

 

そして、ドライバーがこう連呼します。「リーベンレン、リーベンレン、リーベンレン」と。よく見ると顔が険しい。これは嫌な感じがしました。

なぜかというと、リーベンレンというのは中国語で日本人という意味。大連は比較的親日と言われていますが、数日前に会社の同僚の方が退社後に中国人3人組に拉致されるという事件が起こっていたからです。

タクシーで変なとこに連れて行かれて、ボコボコにされてお金を巻き上げられるということもあったらしい。

 

あー、こわい。そう思っていたら、病院に着きました。ドライバーのおじさん、疑ってごめん。でも、道間違った分もしっかりお金払ったんだから許して?

 

中国の病院初体験

 photo by mikecogh

やっと病院に着きました。そして、病院のロビーで保険会社の人に会います。大学病院ということで、まあまあ広いけどちょっと古い感じ。でも汚くないので一安心。

保険会社の人に別の棟に連れて行かれます。どうやら会社で入っている保険がちょっと良いらしく、VIPの棟に行きますとのこと。これで更に安心しました。

 

先生とご対面

photo by  www.ilmicrofono.it

いよいよ先生に診察してもらいます。保険会社の人に通訳してもらいながら症状を伝えます。頭痛、吐き気、胃痛などなど。先生は聴診器を使って診察します。

また、別室に移動して血圧などをはかります。日本と特に変わらないな、という印象。

「多分風邪です」という診断。治療としては3日間点滴と漢方薬を出しておきますので、それでも良くならなかったらまた診察しますとのことでした。

 

薬は漢方薬

photo by Wisconsin Department of Natural Resources

保険会社の人に案内されて、薬をもらいにメインロビー近くの薬剤所に行きます。

中国ではどのような薬を貰うのかドキドキしていましたが、漢方薬ということでまた少し安心。胃にも優しいので中国では漢方薬が処方されることが多いそうです。

1回で数日分貰ったのですが、味はかなり苦かったです。最初は吐き気がしていたので、なかなか飲むのが大変でした。

 

ナースがちょっと怖い、でもうまい

photo by  KOMUnews

薬をもらったら、治療室があるVIPの棟に戻ります。そして保険会社の人とお別れです。とりあえず看護師の方に名前を言えば大丈夫とのことでしたがg、名前を言っても全く通じません。紙に名前を書いて、ベッドに案内してもらいます。

言葉が全く通じないのにプラスして病気で気持ちが弱っているので、ちょっと怖かったです。

 

でも今回1番ビックリしたことは看護師の注射技術が凄かったこと。全然痛くない!本当に全く痛くない。日本とアメリカで注射を経験しましたが、1番痛くなかったのが中国でした。

3人の看護師の方に注射をしてもらいましたが、みんな上手かったです。中国の医療技術はなかなかすごいのかもしれません。

 

とりあえず点滴が一般的

photo by  HollywoodPimp

そして点滴をしてもらいます。中国では風邪だと3日間の点滴が一般的のようです。一緒の部屋にいた2人の日本人の方々も、みんな「点滴3日間の治療」と言われたとのことでした。

点滴を1日3本打つのですが、なかなか時間が掛かります。4〜5時間ぐらいかかります。体調悪くてしんどいのに合わせて、疲れてクタクタになります。

友人が点滴中にお見舞いに来てくれた時は、死にそうな顔してるよと言われてしまいました。

 

実は帰りが1番大変

photo by  decade_null

実な何よりも大変なのが帰宅。なぜか病院にタクシー乗り場が無い。体力不足で動けないのに、病院の外まで出なければタクシーがない。いやいやいや。マジか。なぜだ。

とりあえず病院の外まで歩きます。もうしんどい。家で寝ているほうが元気になりそうな気がする。しかしタクシーが全然来ない。夕方の帰宅時間帯と被ってしまうので全然来ない。

 

やっとタクシーが来ても、人が待っている前にしれっと来て先にタクシー止めちゃうし。なんなんだ中国!やっと捕まえたタクシーの中で、もう絶対病気になりたくないと思ったのは、言うまでもありません。

しかしこの時、これから3ヶ月間病院に通院し続けることを僕はまだ知らない。

 

まとめ

漢方薬や基本点滴治療3日間という日本とは違うスタイルの中国の病院ですが、やはり中国語がわからないと何もできないなと感じました。

そして何よりも保険に入りましょう。これは本当に重要です。特に長期で海外に行くなら、絶対に保険に入りましょう。海外で3ヶ月間病院に通い続けた人間が言うので、間違いありません。

関連記事リンク(外部サイト)

「開港以来22年間ロストバゲージゼロ」関西国際空港の実態を見てみた
海外旅行のトラブルを奇跡的に解決した3つの方法
ハネムーンを失敗したくない!最高に楽しむ5ヶ条とは
肥満大国アメリカで太らないための5つの方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP