体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VOL.28 森岡龍さん(俳優)&前野朋哉さん(俳優)

VOL.28 森岡龍さん(俳優)&前野朋哉さん(俳優)

『エミアビのはじまりとはじまり』。「死」と「笑い」という相反する要素を溶け合わせた、ちょっと不思議な映画が9月に公開されます。『舟を編む』の脚本家としても知られる渡辺謙作監督が手がけた本作で、漫才コンビ役としてW主演を務めた森岡龍さんと前野朋哉さんにインタビュー! ちなみに森岡さんは「あまちゃん」の若き日の黒川正宗役(アキのお父さんの青年時代)、前野朋哉さんは『桐島、部活やめるってよ』の「おまた〜」もしくはau「三太郎」シリーズの一寸法師と言ったら10割わかるはず! というわけで、よろしくお願いします。

—-おふたりが演じる漫才コンビ「エミアビ」。前野さん演じる海野(うんの)は、冒頭すぐに死んでしまいます。そこからおふたり一緒のシーンは数えるほどしかありませんが、スクリーンに映らない部分でつながりの大きさを感じられる仕上がりになっていました。どのように役作りをしていったのですか?

森岡龍さん(以下、敬称略)「クランクインするまでは、ふたりでずっと漫才の練習をしていました。意外と声を出せる場所が少なくて、渋谷の路地で警備員に怒られたりと練習は大変でした。あ、そういえばカラオケにも練習しに行ってました。そこで『浅草キッド』歌って、歌いながらなんか泣けてきちゃって。あの時に、俺らコンビだ!ってしみじみ思いましたね」

前野朋哉さん(以下、敬称略)「それ、けっこう序盤のほうじゃない?」

森岡「そうか。序盤だったか(笑)」

前野「森岡くんとは事務所が同じでけっこう会ってはいたんですが、密にずっと一緒にいるのは今回が初めてだったよね。朝から晩まで、というのは」

森岡「仲のいい時期もあったんですが、お互いに忙しくなっちゃって最近はずっと会っていなかったから、最初はどう話していいかわからなかったんです。昔の同級生と再会した時のような感じで。それで、CDの貸し借りから始めたんです。HIPHOP好きだったよねって」

前野「うん、最初は探り合いのような感じでしたね。ただ、とにかくなるべく多くの時間を共にしようとは心がけていました。漫才を一緒に見に行ったり、カラオケに行って、飲みに行って、喫茶店に行って……」

—-撮影は過酷だったそうですね。特に森岡さんは、監督が「映画の中で森岡龍を壊す」を一つのテーマにしていたことで、かなり追い込まれた中での撮影だったとか。

前野「森岡くん、追い込まれてたよね」

森岡「ほんとに追い込まれてた。俺、この映画通して性格変わった気がするもの。改造されちゃった、謙作さん(渡辺謙作監督)に。かなりつらかったです」

前野「役的にも追い込まなきゃいけない役だったもんね。ちょっとやそっとやできない役だと思います。森岡くんの実道(じつどう)という役は」

IMG_1660.jpg森岡龍さん(左)と前野朋哉さん(右)。

—-転機になるような作品だとも感じましたか?

森岡「間違いなくこの映画は、自分にとってすごく大きなものになっています。俳優にさせられちゃったんですよ。僕、俳優なのに、まだ俳優ですって言えない自分がどこかにいたんですが、この映画を経た今、俳優ですとちゃんと言えるようになりました。覚悟のようなものができたのかもしれません」

前野「いろいろあったもんね(笑)。でも、スクリーンで観た時、覚悟を決めた顔が映ってるなと思ったよ」

森岡「自分にも実道のような時代がちょっとだけあったんです。芝居に専念するのか映画を作るのか、みたいなところで悩んでいた。今回、そんな実人生と映画の中のストーリーがシンクロしてくるような感覚を、自分の中で感じていました。で、前野くんとの関係もそうなんですが、人に対してドライなところもあって。そういう性格も、この映画を通して変わったように思います」

前野「よりドライに(笑)」

森岡「よりドライに……なってない(笑)」

1 2 3次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。