体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『めちゃめちゃすっぱいすっぱムーチョ す~っぱいビネガー味』酸っぱすぎるポテチはむせても大満足!

CR7_3125

酸っぱいもの好きなら一度は食べたことがあるであろう湖池屋の「すっぱムーチョ」シリーズ。いつもコンビニで見かける定番の味は「すっぱムーチョ さっぱりビネガー味」だが、この夏期間限定で『めちゃめちゃすっぱいすっぱムーチョ す~っぱいビネガー味』が発売された。「さっぱりビネガー味」の40倍の酸味料を使ったとのことだが、妙に期待しつつ実際に食べてみた!

酸っぱすぎてむせるぐらいだが、いつまでも酸っぱさを実感して食べられる!

 

湖池屋が「ビネガー味」として「すっぱムーチョ」を開発したのは実に12年ぶり。記者もその一人だが、やはり酸っぱいもの好きには「すっぱムーチョ さっぱりビネガー味」は物足りない。他にも同様に”もっと酸っぱい”すっぱムーチョを発売してほしいという声が多かったそうなので、記者だけではなかったようだ。そして「さっぱりビネガー味」の約40倍の酸味料を使用して、試作に試作を重ねできたのがこの『めちゃめちゃすっぱいすっぱムーチョ す~っぱいビネガー味』(60g・希望小売価格 税込165円・2016年8月15日発売)である!

CR7_3138

コンビニのカラフルなポテトチップスの棚で、白いパッケージのシンプルさが逆に目立つ。「すっぱムーチョ」のパッケージに必ずいるキャラクターの「ヒーヒーおばあちゃん」が、『めちゃめちゃすっぱいすっぱムーチョ す~っぱいビネガー味』では顔を真っ赤にして酸っぱさをアピールしている。

CR7_3161

袋を開けると、ツーンとした酸っぱい匂いが漂う。これはかなり酸っぱそうだ。よだれが止まらなかった。

 

今回記者は「すっぱムーチョ さっぱりビネガー味」とその酸っぱさを食べ比べしてみることにした。まず「さっぱりビネガー味」を食べてみたが、程良い酸味の後に、塩味とポテトの甘いコクが続き、いつも通りのあとを引く美味さ。

 

定番の味を楽しんだところで、いざ「す~っぱいビネガー味」を食べてみる。「お~!」と驚くほどの酸味で、ものすごく酸っぱいの一言に尽きるぐらい、酸味が強い。

 CR7_3171

まるでお酢そのものを口の中に流し込んでいるような感覚に陥る。顔がゆがむほどではないが、舌がしびれるくらいの酸味だ。飲みこみ方を間違えると、のどの皮膚を刺激してむせる。記者も食べ終わるまでに何度かむせた。

 

再び「さっぱりビネガー味」を食べると、もはや、ただの塩味のポテトチップスにしか感じられなかった。

CR7_3182

でもこの強い酸味が、酸っぱいもの好きにはたまらない。疲れた体にスーッと浸み込む。

 

『めちゃめちゃすっぱいすっぱムーチョ す~っぱいビネガー味』は「さっぱりビネガー味」と比べると、後味まで酢の味だ。もちろん塩味は感じられるが、酸味がきいた調味料の味が勝る。酸味パウダー一粒一粒が、ピリピリと舌を刺激する感覚を感じ取ることができるくらい、この調味料の破壊力は凄まじい。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。