ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外ヘアートレンド!“ネクストレベルのウイッグ”って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地毛みたいに見える♪ナチュラルな“レースウィッグ”

みなさん、レースウィッグというものをご存知ですか?
レースウィッグとは…今までのカツラとは少し違って、生え際の部分がレースになっていて、まるで地毛のように見えるウィッグをいいます。

 

アメリカ主要都市やロンドンでも開催されるほど、海外でも人気!

装着の仕方もここ数年でかなり進歩して、両面テープや接着剤などを一切使わず、ウィッグなのに地毛と間違えてしまうほど綺麗に装着できるようになっています。
そんなレースウィッグ、元々は黒人セレブ御用達だったのが、長さやテクスチャー、カラーなどが好きに変えられることから、最近は人種を問わずおしゃれなセレブリティー達も着用するようになってきました。
今回はレースウィッグのスペシャリストTokyostylezのLAで開催されたworkshopに参加して、実際にウィッグを作ってきました。もちろん、日本からの参加者は私のみでした!

 

レースウィッグは着用してもナチュラル!

Tokyostylez(写真右)とウィッグ着用直後(スタイリング前)のモデル(写真左)。
モデルの地毛はカーリーでウィッグをフラットに着用するためにコーンロウ(細かい編み込みを地肌に沿って施していくヘアスタイル)にしてあります。

 

いろんなヘアスタイルが楽しめる♪おしゃれアイテムにチャレンジ!

スタイリング後のモデル。地毛は全部隠れています。生え際だけではなく分け目も自然。産毛もあります!
日本でもこれからスタイル撮影やミュージックビデオなどで使われそうな気がします。髪を傷めずカラーも変えられるし、大胆なショートカットやロングヘアー、カーリーなども楽しめます。おしゃれアイテムとしてレースウィッグ挑戦してみては?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP