ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊藤淳史 競合相手いない「情けないいい人」キャラの強み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、ヒロインの常子(高畑充希)が立ち上げた出版社の経理担当、水田正平を演じる俳優の伊藤淳史(32)。水田は気弱でありつつも素直な性格の人物だが、伊藤といえばこれまでも数多くの作品で「いい人」を演じてきた。有名どころでは、『電車男』、『チーム・バチスタ』シリーズ(ともにフジテレビ系)など。昨年公開された『映画 ビリギャル』では、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞している。伊藤がこのような役で重宝される理由は、なぜか?

 ドラマ評論家の成馬零一さんはこう分析する。

「かっこいい俳優はたくさんいますが、『情けなくてモテない。でもいい人』という役を演じられる俳優は少ないので、伊藤さんには競合相手がほとんどいません。弱さや情けなさというのは高い演技力がなければ表現できませんが、伊藤さんは自分の演技力を見せつけるようなこともないので、その情けなさが彼の素のキャラなのか、作ったキャラなのかはわからないくらいです。見ている側に演技と感じさせないのは本当にすごいと思います」(成馬零一さん・以下「」内同)

 伊藤のすごさはそれだけではない。その自然な演技の中に、コミカルさを感じさせることができる点だ。

「彼の演じる人物がいつも面白く見えるのは、あの独特の暑苦しさにあります。真面目すぎてちょっとうっとうしい、でも憎めない。部活の後輩にいそうなタイプですね。みんなが軽くナメて見ることができるような存在なので、見ているほうは気楽だし、緊張感もほぐされます」

 30代以上の人にとっては、伊藤といえば「チビノリダー」のイメージがあるだろう。2000年に放送された「カロリーメイト」(大塚製薬)のCMも話題となった。当時から知っている視聴者にとって、伊藤は「永遠の後輩」なのかもしれない。
 
「子役出身の俳優の多くは、どこかのタイミングでイメチェンします。柳楽優弥さんなどは、別人になったのかと思ってしまうくらい変わりました。でも伊藤さんはずっと同じイメージのまま。みんなが伊藤さんのことを『いい人』だと思っています。

 ただ、俳優として『いい人』一辺倒ではなく、シリアスな作品で影のある役を演じることもあります。『無痛』(フジテレビ系)では、破滅に向かう刑事役を好演し、『こんなに幅があるのか』と驚かされました。『わたしたちの教科書』(フジテレビ系)、『家族狩り』(TBS系)などでも、人間の中にある狡さや弱さを見せる芝居をしていました。あくまで基本は『いい人役』ですが、たまにこうやって闇の部分を小出しにすると意外性があっていいと思います」

 幅広い役に適応する確かな演技力を持った伊藤。今後はどんな俳優になっていくのだろうか。

「成功を掴んだ俳優の多くは、脇役から主役に抜擢され、全盛期を過ぎるとまた脇役に戻っていくものですが、伊藤さんの場合は主役と脇役を常に行き来しています。これは最初に言ったように、競合相手がおらず常に需要があるからだといえます。今後しばらくは、『とと姉ちゃん』の水田のように人間味のある、弱い人間を演じることが続くのではないでしょうか。

 その後も極端にコミカルやシリアス路線に行くわけでもなく、今とあまり変わらずに、『情けなさ』を武器にやっていくと思います。『いい人』のイメージが浸透しているぶん、スキャンダルがあると一気に終わってしまう恐れもありますが、それさえ気をつけていれば需要はずっとあります。40代になって父親役や部長役などリーダーシップを発揮しなければならない立場に変わっても、気弱で回りからナメられてしまう人を面白おかしく演じてくれるでしょうね」

 私生活では昨年パパになった伊藤。家族を守るために、情けなさにますます磨きをかけていくか?

【関連記事】
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
藤原紀香 愛之助も出演する新ドラマで新米バスガイドに挑戦
松岡茉優 ジュラシック・ワールドヒット御礼でピンクの浴衣

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP