ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

打者・大谷翔平がソフトバンク投手陣をカモにできる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 気が付けば最大11.5ゲームあったゲーム差をひっくり返した。大谷翔平の牽引する日本ハムがソフトバンクを凌駕する勢いを見せている。

 8月21日の札幌ドームでの直接対決でも、大谷は先制打を含む3安打の固め打ちで、ソフトバンクの優勝マジック点灯を阻止した。

 今年は投打の「2つの刀」がどちらも絶好調だ。投げては6月5日の巨人戦で日本球界最速となる163キロを叩き出し、8勝4敗、防御率2.02という好成績。打っては打率3割4分3厘、ホームラン19本、51打点(8月24日現在)をマークし、例外規定(※)での首位打者も視野に入ってきた。

【※規定打席に満たない場合は不足分の打席を凡打として加算し、算出された打率が規定打席到達者の打率1位を上回れば、未到達でも首位打者と認定される】

 まさに日ハムの「投打の主軸」。大谷が3連覇を狙う絶対王者をひとりで追い詰めているといっても過言ではない。

 元々、投手としての評価が先行していた大谷が打者として急成長した理由を、現役時代2081安打を放った野球評論家の山崎裕之氏が解説する。

「昨年と比べてスイングスピードが格段に速く、かつコンパクトになった。またバットの芯を活かしたスイングができるようになり、大振りしなくても左中間に大きな打球が飛んでいる」

 今季の大谷で特筆すべきは、ソフトバンク戦にめっぽう強いことである。

 打者として出場した19試合でホームラン9本、打率4割1分5厘と驚異的な結果を残す。全19本塁打のうち半分近い9本をソフトバンクから打っている。『プロ野球なんでもランキング』の著者でライターの広尾晃氏が語る。

「大谷がホームランを放った投手は和田毅、千賀滉大、バンデンハーク、東浜巨、中田賢一、岩嵜翔など主戦級。いかに勝利への貢献度が高いかがわかる。球場別でもヤフオクドームでの成績がズバ抜けていて、7試合3本塁打、打率5割2分4厘と打ちまくり、本拠地・札幌ドームでの打率3割3分9厘を大きく上回る。明らかに相性がいい」

 投手としてもソフトバンクに立ちはだかる。シーズン途中に右手中指のマメが潰れた影響もあり、登板回数自体が少ないが、ソフトバンク戦には3試合登板し、1勝0敗、防御率1.74という好成績。チームも大谷が投げた試合は2勝1敗と勝ち越している。

 打者・大谷がソフトバンク投手陣をカモにする理由について、かつてソフトバンクでコーチを務めた野球評論家の杉本正氏は、「直球への対応力」を指摘する。

「ソフトバンクには球が速く、真っすぐで勝負する投手が多いが、スイングが速い大谷は力負けせず、しっかりと打ち返して長打にできる。スイングスピードで横浜の筒香(嘉智)に匹敵し、さらに柔らかさを加えた大谷は、いまや12球団で最も攻めにくい選手になった」

 前出・山崎氏は技術面の向上に加えて、「メンタル面の強さ」を挙げる。

「顔にはあまり出さないが、“ソフトバンクには絶対に負けられない”という内に秘めた気持ちが非常に強い。上位のチームに向かっていく気構えが強く、凡打でも全力疾走する姿はチームに活力を与えている」

※週刊ポスト2016年9月9日号

【関連記事】
達川光男氏 セは優勝狙える広島、パはオリックスに注目
プロ野球前半戦 最も代打送られたのは36回の西武炭谷銀仁朗
SB松坂の再生役 指導者に名投手が集結して「船頭だらけ」に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP