体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「お金」に縛られないために、私が大切にした8つのこと

「お金」に縛られないために、私が大切にした8つのこと

ついつい、人生を振り回されてしまいがちな「お金」。でも、その心配をしなくなるだけで、思ってもみなかった「自由」を手に入れられるかもしれない、と提唱するのは「becomingminimalist」のJoshua Becker氏。彼の記事によれば、お金に困らずに生きるヒントは、誰にでも実践できる些細なことでした。以下は、彼が実体験から学んだこと。

お金にまつわるアドバイスはいたるところにありますが、そのほとんどはあまり役に立たないと思っていいでしょう。アメリカの家庭の多くが平均して6,700ドル(約67万円)のクレジットカードの負債を抱えていて、76%の人が「家計はギリギリだ」と回答しています。

その解決に必要なのものは、本当に「お金」でしょうか。確かにお金でカバーできることもたくさんあります。でも本質的な問題解決のためには、発想の逆転が必要なのです。

01.
「欲しい」より
「必要かどうか」

「お金」に縛られないために、私が大切にした8つのこと

私は、最初の家の購入を決断するとき、銀行から融資を受けて上限ギリギリの物件を選びました。新居は広々としていましたが、じきにその支払いは大きな負担となりました。13万5,000ドルのローンを組み、また良い仕事を見つけたら30万ドルのローンを組み…と、どんどん大きくなっていきました。

ちょうどその頃「ミニマリズム」という考え方に出会いました。そして2年前に新しい家に引っ越したのですが、支払いの負担は小さくなり、もっと他のことに情熱を注ぐことができる余裕が生まれました。

私たちに必要なのは、買うことのできる家ではなく、平穏に暮らせる家だったのです。とくに大きな買い物をするときには、その「必要性」を考えてみましょう。

02.
車は現金で買う

私は車の購入の際に、ローンを組んだことがありません。それは財政面で正しい判断だったと感じています。注目の最新モデルを所有したことはありませんが、後悔したことも不満に思ったこともありません。

03.
共働き夫婦の場合
一方の給料は貯金にまわす

「お金」に縛られないために、私が大切にした8つのこと

夫婦2人ともが働いていたとき、上司から素晴らしいアドバイスをもらいました。それは私の収入だけで生活をし、妻の収入はいずれ必要なときまで貯金しなさい、というものでした。

彼が言った通り、それを実行した数年後、妻の貯金が家を購入する頭金になりました。妻が出産して子育てをしている間、私の収入だけで生活できたのも、このおかげです。

04.
お酒を控えれば
年間で数十万円の節約に

私はほとんどお酒を飲みません。「そんな人生、楽しくない!」という人もいるかもしれませんが、大きな節約にはなります。

アメリカ人の34%はアルコールを飲まない(体質や宗教上の理由から)という事実があるにも関わらず、アメリカ人全体では毎年約6兆円もの費用がアルコールに使われていて、多くの家計を逼迫しています。健康でいることは、将来的な節約にもつながるのです。

05.
仕事は引退しない

私の祖父は、92歳の今もフルタイムで働いています。私は彼から仕事の大切さを学びました。仕事は避けるものでも、できるだけ早く引退するものでもありません。生きる喜びなのです。

退職後のことだけを楽しみに働いているのだとしたら、それは見直しましょう。働き続けることは、家計を支える財政面のメリットにもなりますよ。

06.
カードは結果的に高額!?
できるだけ
キャッシュで支払う

「お金」に縛られないために、私が大切にした8つのこと
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。