ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かつて不正行為で摘発されたオリンピック代表選手10人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リオ五輪は大きな盛り上がりを見せたが、エンタメ系サイト<The Richest>は、過去に不正行為で摘発された不名誉なオリンピック選手たちを紹介している。

https://www.youtube.com/watch?v=ps-3ILw4mAY

【ドラ・ラチエン】
ドイツの元陸上選手ドラ・ラチエンは、1936年にベルリン大会の女子走高跳で4位に入賞し、ヨーロッパ陸上競技選手権大会で世界新記録を出して金メダルを獲得。しかし、なんとラチエンは男性だったことが判明。生殖器が奇形で小さかったため女児とされて誕生し、幼少期から女性として生きてきたというのだ。ラチエンは不正行為で逮捕され、男性としてハインリッヒ・ラチエンと改名することに。もちろん女子選手として競技に出場することは禁止され、それまでの記録は無効になった。現代であれば何らかの処置がとられたかもしれないが……。

【マデリン・デ・へサス】
プエルトリコの陸上選手マデリン・デ・へサスは、1984年のロス五輪でハムストリングを負傷。会場に応援に来ていた双子の姉妹のマーガレットもアスリートだったため、急遽こっそり入れ替わることに。しかし、ヘッドコーチが不正行為に気づき、代表チームは決勝から辞退することになってしまった。……どこのマンガの話だよ!

【ベン・ジョンソン】
カナダの陸上選手ベン・ジョンソンは1988年、ソウル五輪の男子100メートルで世界新記録を樹立し金メダルを獲得。しかし、競技後のドーピング検査でステロイドの使用が認められ、金メダルは剥奪されてしまった。ジョンソンは1992年にも再びドーピングが発覚し、公式の陸上競技大会から永久追放されることに。

【バドミントンの複数ペア】
2012年、ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルスでは、中国、韓国、インドネシアの代表ペア計4組が無気力試合を行って失格処分を受けた。次の対戦相手を操作するためにわざと負けたことになるが、これは中国の計画に韓国やインドネシアが参加したとも言われている、闇の深い問題だ。

【キャメロン・ファンデルバーグ】
南アフリカ共和国の水泳選手キャメロン・ファンデルバーグは、ロンドン五輪の100メートル平泳ぎで世界記録を樹立して金メダルを獲得。しかし、本来であれば1回だけのはずのドルフィンキックを3回行っていたことを後に認めた。

【ロシアの選手】
2014年、ソチ冬季五輪でロシアが組織的なドーピングを行ったことが問題に。<リオ五輪>開催直前に、ロシアの選手271人が厳しい条件付きで参加することが決まったのは記憶に新しい。

他にも、1968年・グルノーブル冬季五輪のルージュでコースに細工した東ドイツ代表チーム、1976年・モントリオール五輪のフェンシングで剣に細工したロシアのボリス・オニシュチェンコ、さらにドーピング検査における不正行為では、1996年のアトランタ五輪に出場したアイルランドの水泳選手ミッシェル・スミスや、2000年のシドニー五輪に出場した米陸上選手マリオン・ジョーンズが挙げられている。

【参照リンク】
・10 Olympic Athletes Caught CHEATING at the Games
https://www.youtube.com/watch?v=ps-3ILw4mAY
■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

突進してくるヒョウの攻撃から男性を守ったのは・・・トラ!?
ちょ、やめたげて・・・! ウミガメを空高く放り投げるイジワルなシャチ【動画】
ハーレイ・クインにも「殺すか」の一言!『スーサイド・スクワッド』のクールビューティ担当「カタナ」がイケてる本編映像
拷問かよ!聞いただけで背筋が寒くなる「古代の医療」がコワすぎる
どこでも安全にプレイできる!?美女発明家が 『ポケモンGO』専用ヘルメットを開発www

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP