ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MIUI 8の「Second Space」はXiaomiスマートフォンに2つのシステムを構築できる機能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xiaomi が先週リリースした「MIUI 8」には、アプリを複製する「Dual Apps」のほかに、システムを複製する「Second Space」という新機能も追加されていますSecond Space は、名前からも想像できるように、一台の Xiaomi スマートフォンに別のシステムを構築できる機能です。Samsung Knox や Android for Work のセキュアコンテナと似ています。Second Space の環境はメインの環境から完全には独立しているわけではなく、企業で個人のスマートフォンを使う BYOD よりも子供に端末を使わせるキッズモードといった利用シーンが想定されています。Second Space は、MIUI 8 の設定メニューから作成でき、通知バーやアプリショートカットで簡単にメインと行き来できます。基本的には新しい Android としてセットアップしていきますが、MIUI 8 にはメイン環境から画像や動画、ドキュメント、アプリをインポートする機能もあるので、環境の構築は比較的容易です。ロック画面用のパスワードや指紋も Second Space 用に新たに設定することもできます。

■関連記事
Google、海外ドラマのHD作品をシーズン単位で安く販売する「シーズンパックサマーセール」を実施中
Samsung、Galaxy On5xとGalaxy On7xを開発中
デスクトップ版Linuxを利用できるAndroid ROM「Maru OS」がオープンソース公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP