ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウォルト・ディズニーからの挑戦状?!『ジャングル・ブック』スタッフの工夫がアツい!実はあのオスカー俳優も出演【本編映像】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリを主人公に、自然の掟と共に雄々しく生きる者たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを謳いあげる感動の生命讃歌『ジャングル・ブック』が大ヒット公開中だ!この度、本作において唯一実際には存在しない謎のキャラクター”キング・ルーイ”が、チラリと映る衝撃の映像が解禁となった。

https://youtu.be/pGPB_3aIHUU

暗がりの中、不気味に響く低い声とチラリと映る大きな手。そして次第に姿を現す大きな影…。今回の映像で映し出されたキャラクターが、本作の中で唯一実在せず、謎の多い存在として異彩を放つ”キング・ルーイ“だ。このキャラクターについて、ジョン・ファヴロー監督は、「ウォルト・ディズニーは、僕みたいな誰かが今作を手がけるのに難しくなるようなことをした。それは、オラウータンをジャングルに置いたことだよ。彼らはジャングルにはいないんだ」と語る。

そう、オリジナル版キングルーイはオラウータンとして登場するにもかかわらず、実際には、オランウータンはジャングルに存在しないのだ!モーグリ以外の動物たちとジャングルの表現を極限までにリアルに表現している本作において、存在しない動物を作品に登場させることは大きな壁となった。まさにそれは、オリジナルをどう超えてくるかを期待しつつ向けられる、ウォルト・ディズニーからの挑戦状といっても過言ではなかった。

この問題を解決する為に、スタッフ達は様々可能性を探り、リサーチを繰り返した。その結果行きついた答えが、”ギガントピテクス“だった。ギガントピテクスは、インドやその周辺のアジア地域のジャングルに生息していたといわれている未知の生物で、イエティやサスカッチなどと似た巨大なオラウータンのような生物。ギガントピテクスの存在が分かった時、監督は一気に制作のイマジネーションが沸いたという。

クリストファー・ウォーケン(『パルプ・フィクション』(94)海外版予告編より)

そんなキング・ルーイを演じているのが、アカデミー賞俳優で個性派のクリストファー・ウォーケンだ。実は彼の存在も、このキャラクターの誕生に大きく関係している。架空の生物の様相に、一部クリストファー・ウォーケンの顔の表情を利用しているのだ。VFXスーパーバイザーのダン・レモンによると、録音中のウォーケンの演技に加え、『パルプ・フィクション』(94)や『トゥルー・ロマンス』(93)における彼の演技も研究したそうだ。

ウォルト・ディズニーの遺作となったオリジナルのアニメーションを、主人公のモーグリ以外全てCGで描き出すという、前人未到の領域に挑戦をした本作。様々な困難が立ちふさがる中、スタッフ達は様々なテクニック、そして最新の技術を使用して、大きな壁を乗り越えた。劇場に足を運ばれる際には、是非このスタッフ達の努力をチラッと思いながら覧いただきたい。

『ジャングル・ブック』は大ヒット公開中

(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『ジャングル・ブック』予告編

Pulp Fiction Official Trailer(https://youtu.be/s7EdQ4FqbhY)

■『ジャングル・ブック』公式サイト
Disney.jp/junglebook

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

拷問かよ!聞いただけで背筋が寒くなる「古代の医療」がコワすぎる
突進してくるヒョウの攻撃から男性を守ったのは・・・トラ!?
ハーレイ・クインにも「殺すか」の一言!『スーサイド・スクワッド』のクールビューティ担当「カタナ」がイケてる本編映像
どこでも安全にプレイできる!?美女発明家が 『ポケモンGO』専用ヘルメットを開発www
ジャニーズの「演技派」枠の新星・中島裕翔

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP