ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「PokemonGO」に続く位置ゲー。期待1位は「マリオ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


携帯ゲーム機用ソフト「ポケットモンスター」の初登場から20年の時が経った2016年。この人気タイトルの派生作品が位置情報とAR(拡張現実)技術を用いたスマホ用ゲーム「Pokemon GO」となって登場し、社会現象とまでなっています。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「最新ゲームシステム×人気タイトル」。このコラボの大ヒットを受け、同様の狙いを持つゲームが出てくることは想像に難くないところ。

そこで、ちょうどポケモン世代にあたる20~30代の会社員男女200人(男女100人ずつ)にアンケート調査。位置情報とARを用いた“位置ゲー”化を願うタイトルを、任天堂の人気シリーズから選んでもらいました。

〈「PokemonGo」に続け!? “位置ゲー”化してほしいタイトルTOP10〉

(全17項目から3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptで集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)

【総合順位】
1位 スーパーマリオブラザーズ 285pt
2位 マリオカート 234pt
3位 どうぶつの森 155pt
4位 星のカービィ 76pt
5位 ドンキーコング 74pt
5位 大乱闘スマッシュブラザーズ 74pt
7位 ゼルダの伝説 60pt
8位 ピクミン 58pt
9位 ファイアーエムブレム 26pt
10位 ファミコンウォーズ 22pt
10位 MOTHER 22pt

番外
12位 F-ZERO 19pt
13位 リズム天国 15pt

安倍首相もリオ五輪の閉会式でコスプレに挑みましたね。あの“世界一有名な配管工”ことマリオが主役のゲームが金銀、じゃなくて1位2位を独占。ちなみに、男女別で見ると順位に差異が見られましたのでそちらも発表しましょう。

【男性】
1位 スーパーマリオブラザーズ 121pt
2位 マリオカート 119pt
3位 ゼルダの伝説 48pt
4位 大乱闘スマッシュブラザーズ 47pt
5位 どうぶつの森 43pt

【女性】
1位 スーパーマリオブラザーズ 164pt
2位 マリオカート 115pt
3位 どうぶつの森 112pt
4位 ドンキーコング 48pt
5位 星のカービィ 41pt

男性は謎解き、バトルものを好み、女性は可愛いキャラを好む、といったところでしょうか? なお、本アンケートでは、1位に選んだものについて選んだ理由・想像する内容についても聞いていますので、総合順位の並びで見ていきましょう。

【1位 スーパーマリオブラザーズ】
「実際に冒険してる感じが楽しめそう」(27歳・男性)
「クリボーとか ノコノコが街に出てきて、プレイヤーは踏んだり蹴ったり、そして コインやキノコをゲットしたりと、マリオの気分になれるもの」(38歳・男性)
「頭をつかうゲームとか、雑学が一緒に得られるとか、自分にプラスになることを取り入れてほしい」(36歳・女性)
「1UPキノコやくりボーなどが身近な公園や土管にあったら楽しい」(37 歳・女性)
「実際の建物とかを使ってプレイ」(33歳・女性)

【2位 マリオカート】
「街なかを使った、レース対戦はたのしそう」(29歳・男性)
「臨場感があり、実際に自分がカートに乗ったかのような、気分を味わえる」(21歳・男性)
「遊園地などで、ゴーカートみたいになること。 アイテムをバーチャルで操作しながら使用すること」(27歳・女性)

【3位 どうぶつの森】
「現実が癒しの空間に代わるような可愛らしいゲームを期待したい」(28歳・男性)
「世の中の人みんなが嫌な思いをせず、重大な事故に繋がらないような安全なゲームにしてほしい」(35歳・女性)
「自分の家の近くに動物が引っ越ししてきたりお店ができたり、自分でお店を建てられたりしたら面白そう。家の近くの公園や川や池なんかで動物と遊べたり釣りができたりもいいとおもう」(22歳・女性)

【4位 星のカービィ】
「色んな土地を訪れてカービィのゲームができる」(29歳・女性)
「戦わないカービィ達をさがしていく」(31 歳・男性)

【5位 ドンキーコング】
「小さい時にファミコンでやっていたから、やっぱりあの空間に自分も入ってやりたい!と思っていたから」(21歳・女性)

【5位 大乱闘スマッシュブラザーズ】
「自分が吹っ飛ばされる緊張感を味わいたい」(29歳・男性)

【7位 ゼルダの伝説】
「日常が冒険の舞台になりそうで興味がある」(29歳・男性)

【8位 ピクミン】
「自宅の庭程度の人の迷惑にならない自分だけのワンダーランドで遊ぶことができる感じにしてほしい」(24歳・男性)

【9位 ファイアーエムブレム】
「地域の特産、名物と絡めたユニットを作ることができる。 実際の地形をもとにしたマップでゲームができる」(38歳・男性)

【10位 ファミコンウォーズ】
「陣営ごとに分かれて拠点を占領しながら戦う、陣取りゲーム」(30歳・男性)

【10位 MOTHER】
「どせいさんを探したい。どせいさんで癒やされたい」(38歳・女性)

なるほど、と思えるもの、ワクワクさせられるもの。様々なアイデアが寄せられました。しかし、なかには3位「どうぶつの森」の回答に見られたような、安全、他人に迷惑がかからないゲームを望む声も。たしかにそこ、大事!

(のび@びた)

(R25編集部)

「PokemonGO」に続く位置ゲー。期待1位は「マリオ」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

靴業界で千億円!「ポケモンGO」で恩恵受ける企業は?
東京五輪PV披露で「五輪の行方知るドラえもん」が話題
「ポケGO」駅でプレイ不可に? ネットで波紋
ポケモンGOついでに!? ARと撮るご当地写真スポット5選
超現実を体験!VRアトラクション&イベント5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP