体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『J-FORCE ブルートゥース対応FMトランスミッター』カーオーディオでスマホの音楽が聴ける!

01

スマホに入れてある音楽をどうやってカーステレオで聴いているだろうか。一般的には「FMトランスミッター」と呼ばれる、FMの電波に音楽データを変換して送信し、カーステレオで受信させて聴くスタイルが多いだろう。『J-FORCE ブルートゥース対応FMトランスミッター』は、スマホのBluetooth機能を用いることでコードレス化を実現。しかも合計最大3.1Aの充電用USBポートを搭載しているスグレモノだ。FMトランスミッターに悩まされてきた記者は、即座にレビューの打診に食いついた。今度こそ、満足できるFMトランスミッターに出会えたのだろうか。

「コードがないのはいいことだ」Bluetooth接続で快適ワイヤレスFMトランスミッター

カーオーディオは日進月歩で進化しているが、スマホに収録されている音楽データを再生するためにはケーブル接続などが必要。これが実は落とし穴だったりする。記者はiPhone4時代にFMトランスミッターを初めて購入した。某カー用品店で購入した製品だったが、使い始めてガッカリした。FMの電波が弱く、すぐにいろいろな電波に干渉されて聴きづらいったらなかったのだ。しかも、当時の製品はFMトランスミッターの機能のみで同時充電できなかったので、正直製品として満足できるものではなかった。

 

そして、これは「あるある」ネタなのだが、iPhone6に機種変更した際、なんとUSBポートが合わなくなってしまったのだ。これはまあ、Appleにも問題があるのだが、規格が変わってしまったために使えなくなるサードパーティ製品がたくさん出てきてしまうのだ。もちろん、iPhone4→iPhone5以降へのUSBコネクタを変換する純正製品もあるのだが、これが3,000円を超えるという強気な価格設定……。非純正品は、モノによってはまったく作動しないというリスクもあったりして……。というわけで、iPhone6用にFMトランスミッターを新たに購入した。

 

しかし、これがまた問題のある製品で、使い出してほどなく充電ができなくなるという不具合が発生。どうも充電のほうのコードが断線しているようで、FMトランスミッター機能は使えるため捨てるに捨てられず。しかたなく、満充電時はFMトランスミッターで音楽を聴き、電池が減ってきたらカーステのラジオにして充電器に付け替えるという使い方をしていた。まあ、不便ですよね(笑)。

02

前置きが長くなったが、そんな折に株式会社フォースメディア(本社:東京都品川区)の『J-FORCE ブルートゥース対応FMトランスミッター』(型番:JF-BTFM23K・幅52×奥行き103×高さ33mm、55g・実勢価格約3,500円・発売中)のレビューをすることに! この製品の最大の特徴は、Bluetoothによるワイヤレス接続なのでケーブル接続が不要だということ。ケーブル接続しないということは、中のコードが断線するという不安がないということだ。ただ、Bluetoothはホントに短い距離でしか接続できないと聞く。そのあたりを中心に、使い勝手を検証してみた。

03

パッケージされているのは『ブルートゥース対応FMトランスミッター』本体と取扱説明書だけ。ケーブルがないだけで、こうもスッキリとした印象になるわけだ。本体のサイドにはUSBポートが2つ。タブレット端末を充電できるポートと、5V/1.0Aもスマホ充電用ポートという内訳。営業マンがクルマ移動中にプレゼン用のタブレット端末を充電するといった時に便利だろう。

04
1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。