ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

憧れのファッションミューズ、難波礼華のetc.

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネイル&アイラッシュサロン「HOME」のディレクター難波礼華さん。「HOME」、「L by HOME」、「HOME FUKUOKA」の3店舗のディレクターとして働くだけでなく、ファッション雑誌のスナップにも登場することもあり、そのファッションセンスも支持を集めています。そんな話題の難波さんの最近を4つのキーワードでお届けします。

 

FASHION

―お仕事用のONスタイルも程よくリラックス

普段はデニムなどのカジュアルなスタイルが多いという難波さん。打ち合わせが何本か入っていた本日は、普段より大人っぽい恰好で登場です。「洋服はその日の朝に着たいものを考える派ですね。もちろん全体のバランスは考えますが、そのときに単純に着たいものを着ることが多いです」


set-up: DHOLIC bag:ZARA sandal:Teva


bracelet:marino ring:あるじゃん、eteなど


sandal:Teva

「オールブラックで大人っぽく。このセットアップは上下で4,000円くらいだったのに高見えするところがイイ。別々でも着られるのでとっても使えます。今日は移動が多いので、足元は歩きやすいテバのスポサンをチョイス。普段からアクセサリーを重ね着けするのが好きで、ゴールドもシルバーも両方好きなので、バランス良く着けました」

MAKE UP

―まつエクに合わせたオレンジブラウンメイク♡

仕事柄、常に着けているというまつエクに合わせたメイクをしているという礼華さん。「最近は日焼け風のメイクにハマっているので、まつエクもオレンジブラウンに。日焼け風のチークに、目元もオレンジブラウン系で統一しています」

BASE
「しっとりツヤがある質感が好きなので、ベースはラ ロッシュ ポゼのUVイデア XL プロテクションBBのみ。日焼け止めも、ファンデもこれ1本だけで、ナチュラル肌に」

CHEEK
「日焼けメイクっぽくしたいので、オレンジのチークを鼻の横まで横長に塗ってます。使用アイテムはM・A・Cのパウダー ブラッシュ モダンマンダリン」

EYEBROW
「エチュードハウスの眉ティントを愛用中。寝る前に塗って朝剥がすと色がついてるんです。4、5日は眉毛が落ちなくて便利なのですが、まだ日本では売ってないんです」

EYE
「オレンジメイクブーム中なので、まつエクもオレンジブラウンを。Cカール11㎜に目尻だけ13㎜、160本です。アイシャドウはリンメル ショコラスウィート アイズ 001。オレンジブラウンのシャドウをアイホール全体と下まぶたに、濃茶を目尻ラインに少しだけオン。まつエクをつけているので、アイライナーは使いません」

LIP
「CITY CHICのリップCITY COLOR N4を愛用。マットとツヤの間くらいの質感が良く、大人っぽいピンクベージュの色みも好き」

BAG

―ミニバッグの中身はすっきりスタイリッシュに!

クリアバッグで夏らしさを取り入れながらも、レザーやメタリックなどクールなアイテムで統一されたバッグの中身。荷物も少ないこともあって、全体的にすっきりした印象です。

PRIVATE

―夏には夏らしいことを、毎日を楽しむ!

交友関係が広いことでも知られる礼華さん。この夏は友達とビアガーデンに行ったり、食事に行ったり、夏らしいことを日々楽しんでるそう。最近行った場所やハマってることの写メを見せてもらいました。

「ビアガーデンが好き。夏ならではの楽しみだから、森のビアガーデン、お台場、江の島、仕事先の福岡のビアガーデンなど、いろんな場所に行きました。暑い中でビールやお酒を飲むと、いつもよりテンション2割増し!」

「小さい頃、タイや韓国に住んでいたことがあって、赤ちゃんの頃から辛いものを食べていたから、アジア系の辛いご飯が好き。夏だからスパイシーなものが欲しくなって、毎日のように食べてます。これは福岡のカレー屋さん」

「仕事柄、ネイルは月1くらいで変えてます。いろんなタイプをやるけれど、これは色だけ指定してHOMEのネイリストにおまかせしました。水彩画のようなデザインが今までにやったことなくてお気に入り」

HOMEのディレクターとしてだけでなく、HOME HARAJUKUのアイリストでもある礼華さん。「HOME HARAJUKU、姉妹店のL by HOME、福岡のHOME FUKUOKAでは、毎月キャンペーンをやっているので、お近くの人は是非遊びに来てくださいね」

難波礼華
Instagram:https://www.instagram.com/ayakanamba/ 

HOME
http://home-harajuku.com/


出典:She magazine

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP