ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秀吉の臨終で微笑んだ鈴木京香 「腹黒い女に見える」と心配

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 豊臣秀吉(小日向文世)の死をより新章に突入し、ますます目が離せないNHK大河ドラマ『真田丸』。豊臣の正室・寧(北政所)を演じている鈴木京香(48才)が、秀吉への思いや、脚本家の三谷幸喜からの意外な“お願い”などについて語った。

――オファーを受けた時の感想は?

鈴木:三谷さんがお書きになる大河ドラマということで、なんの役でもやらせていただきたいとお返事したと思います。北政所と伺って、とうとう私もそんな素敵な女性をやれるようになったかと、興奮しました。

――寧は素敵な女性というイメージ?

鈴木:そうですね。子供の頃、大河ドラマ『おんな太閤記』が大好きだったものですから、その影響だと思います。佐久間良子さんが素敵だったこともあるんですけど、北政所というと、賢女で心の優しい女性というイメージがあります。「ベストオブ歴史上の女性」という意識でした。

――今回描かれる寧の女性像は?

鈴木:色々な解釈があると思うんですけど、いわゆる政治的な事に関して、そんなに自分の意見を言うのではなくて、旦那様である殿下の補佐として、家の中を切り盛りする感覚で采配を振るった女性であると考えています。

――長年連れ添ってきた秀吉が老いていく姿を、寧はどう見ていた?

鈴木:頭脳明晰で明るいところが、だんだん薄れていって、若い頃の殿下と違っていくのは、悲しかったと思います。でも最期、看病で長く秀吉の傍にいられるようになって、少し嬉しいこともあったのかなという思いも、私にはあります。寝顔を見ながら、楽しかった時を思い出したりもしているんだろうと思いますから。

――秀吉が亡くなった時の、寧の感情は?

鈴木:悲しいですけど、彼本来の姿とかけ離れてしまわないうちに天に召されたことを、少しはホッとする面もあったんじゃないかなと思います。

 それからは、殿下の作った平和な時代が続くといい、という思いだけですね。誰の味方をするとか、誰の子供だから味方をしないとかじゃなくて。

――夫である秀吉を演じた小日向さんの印象は?

鈴木:小日向さんとは何度も夫婦役をしたことがありますし、恋人役もあります。だから小日向さん演じる秀吉を支える妻というのは、すんなり私の中に入ってきました。何の苦労もなくて、楽しかったです。だから秀吉が亡くなって、現場でもちょっと淋しいです。

――秀吉との好きなシーンは?

鈴木:一番幸せだったのは、最初のころですよね。家族みんなが中庭に集まって、里芋を「熱い熱い」と言いながら食べました。里芋の皮ごと食べる秀吉のかわいらしさといったら。「皮を剥いてちょうだい!」と、ついアドリブで台詞が出たくらいです(笑い)。あの時が、みんなが揃った、唯一の幸せなシーンでした。

 晩年では膝枕をして一緒に過ごす場面もありますけど、秀吉はだいたい、戦や茶々のことを考えていました。だから夫婦として楽しいのは、最初のシーンだけだったと思います。

――母性は意識されていますか?

鈴木:はい。秀吉に対しても、母性でいつも傍にいたと思います。実はもっと周りの子供たちに対しても、たとえば虎之助(加藤清正)の肩を抱いてあげたり出来たらよかったんですけど……。アドリブでいきなり抱きついたら、新井浩文さんも驚いたでしょうね(笑い)。

 寧として、茶々やきりちゃん、他の女中たちに優しくしているところは、意識しました。ただ、秀吉以外の武将たちをどれくらいかわいがっているのか、はかりかねたんです。母性が大事と挑んでいたにも関わらず、もうちょっとできたらよかったというのが、反省点です。

――今回は大阪城から出演で、秀吉と寧との出会いは描かれていません。演じにくかった?

鈴木:色々な作品を通して知っている秀吉と寧の関係性を、小日向さんと私に置き換えました。過去に出演させていただいた映画『清州会議』でも秀吉と寧を見ていますし、撮影に入るまで時間がありましたので、以前の大河ドラマの秀吉と寧を見たりしました。

 だから、たくさんの思い出が、小日向さんを看取るときに出てきたんですよ。実際それは、西田敏行さんと佐久間良子さんのエピソードだったりするんですけど、私の中では、私と小日向さんが過ごした感覚になっていたんです。

 だからでしょうね、殿下が亡くなる寸前なのに、微笑んでしまったんです。視聴者の方に、腹黒い女に映っていたらどうしようと思いました(笑い)。あんなことも、こんなこともあったわねと思いながら小日向さんを見ていたら、自然に笑みがこぼれてしまって。

 それは小日向さんに対しても感謝しています。これまでの素晴らしい作品がたくさんあって、私と小日向さんに置きかえればいいだけでしたので、どんな歴史が2人にあったのかは苦労せず、心の中で描けました。

――オファーの際、三谷さんから役の説明はありましたか?

鈴木:肝っ玉かあさんで、と言っていただきまして。体重10kg増やして挑んでくれと言われました。「打掛を着ているので、10kg増やしてもわらないと思います」と私は言ったんですね。10kg太るのは、他の仕事のことを考えると、どうかと思いまして(笑い)。

 そうしたら三谷さんに、「じゃあ、顔だけ10kg太ったようにしてくれたらいいです」と言われたんです。だから、できるだけお水をたくさん飲んで、むくんだまま撮影に行きました(笑い)。

――オンエア後、三谷さんから感想を聞きましたか?

鈴木:太ってはいないんですけど、オッケーがでているので、顔は太って映っているんだと思います(笑い)。三谷さんもお忙しいですし、なかなかお会いしてお話を伺うチャンスがないんですけど、怖くて聞けない、という気持ちもあります。

『真田丸』だけじゃないんですけど、大河は普段、ご一緒できない方たちと共演させていただくわけです。堺(雅人)さんが素晴らしい、草刈(正雄)さんも素晴らしい、小日向さんも素晴らしいと、皆さん素晴らしいことがわかるので、そこで自分が期待に応えられているのか、あまり自信がないんです。

 三谷さんに電話して「今回の私、どうですか?」と自信を持って聞けるベテランにいつかはならないといけませんね(笑い)。

【鈴木京香(すずき・きょうか)】
1968年5月31日生まれ。宮城県出身。大学在学中に映画『愛と平成の色男』で女優デビュー。1991年NHK朝の連続テレビ小説『君の名は』主演。ほか、映画やドラマ、舞台などで活躍中。9月より舞台『家族の基礎~大道寺家の人々~』(渋谷区・Bunkamuraシアターコクーン)の主演を務める。

◇NHK大河ドラマ『真田丸』
毎週日曜、NHK総合20時、BSプレミアム18時放送。後世に真田幸村の名で「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されることになる、真田信繁の成長物語。三谷幸喜脚本。

【関連記事】
変節漢といわれてきた藤堂高虎像を覆した本格歴史小説文庫版
豊臣家滅亡も木下藤吉郎に繋がる木下家19代目は健在
秀吉役の小日向文世 3度目夫婦役の鈴木京香との共演を述懐

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP