ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『後妻業の女』主演・大竹しのぶ 怖い女の依頼に複雑になった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大竹しのぶ(59才)の迫真の演技が光る『後妻業の女』。この映画が描き出すのは、女の幸せの在処と高齢化社会の行く末だ。

『後妻業』は、高齢者の資産を狙った犯罪を題材にした黒川博行さんの小説。主人公の小夜子は、結婚相談所で効率的に相手を見つけ、次々に殺して遺産を自分のものにしていく。

『後妻業』が発表されて間もなく、京都では、小説とリンクするような事件が起こり、世間を騒がせていた。大竹さんもこの時期に、作品と出合っている。

「私は、もともと、本屋さんで『後妻業』を買って読んでいたのですが、あっ、これ、絶対映画になるなと思いました。ただ、主人公は自分の実年齢よりかなり上だったので、まさか自分が演じるとは思わなかった。ところが、これを映像化にしたいので小夜子をやってくれという依頼がテレビや映画から来て。えっ、なんで、みんな、そう思うの。こんな怖い女を私が? って、すごい複雑でした(笑い)」

 と言いながら、そこは根っからの俳優。脚本を読んで、一も二もなく役者魂に火がついた。

「原作はもうちょっとハードな感じですが、鶴橋監督の脚本はコメディータッチで、リアルとは少し距離があるので、面白いなと思いました。今の高齢化社会の問題を垣間見せながらエンターテインメントになっている。おじいちゃんを次々騙して殺しちゃう小夜子は、現実にいたら絶対許せないとんでもない女です。

 だけど、ものすごいポジティブ志向で、自分は絶対に幸せになる、何があっても私は大丈夫、人生をうまく生きてやるぞという女でもあるので、やっていて楽しかったですね。人を騙したりするところなんて、楽しくって」

 演じるのは30才から63才まで。ベッドシーンもあれば、キレッキレのツイストを披露する場面もあり、しかも関西弁。大竹さんが演じると、殺人者も「これなら騙されてもしょうがない」と思うほどかわいく、ときに哀愁漂う一人の女性となって迫ってくる。

「関西弁は難しかったですね。結婚していた人(明石家さんまさん)が大阪弁なので、得意だろうみたいに思われるけど(笑い)、もう離婚して25年たっています。一緒にいた時間も短かったし。

 共演者の豊川(悦司)さんも、(尾野)真千子さんも、(水川)あさみさん、(笑福亭)鶴瓶さんも関西出身なので、ちゃんと言わなきゃバレちゃいますからね。関西弁のおかげでシリアスな場面もユーモラスになり、救われるし、楽しめます」

 演じていて胸に突き刺さったのは、風間俊介さん扮する自分が産んだ子どもとの場面だという。母と息子が罵倒し合うシーンは、愛と憎しみがスクリーンいっぱいに充満した。

「小夜子は、親からも愛されたことのない女だから、ちゃんと人を愛せなくて、お金しか信じなくなったんですね。子どもは邪魔なものと思っているのだけれど、どこかで本能的にかわいいという気持ちはある。具体的な台詞があるわけではないのですが、子どもさえ愛せない寂しさ、微妙な感情を出したかったんです」

 大竹さんがチャーミングすぎるので、小夜子は根っからの悪人には見えない。

「人って、絶対悪の人もいないし、絶対正しいという人もいない。人間の持っているいろんな部分が、その時々に出てくるということなのだと思います。もちろん、小夜子は悪女だけど、『子どもが世話しない老人の面倒をみてあげて、お金をもらって何が悪いの?』と強い信念みたいなものがあるんですね。それは、歪んだ信念ですけれど、一部正しく聞こえなくもない。後妻業という仕事もありなんじゃないか、とつい思ったりしちゃいました」

※女性セブン2016年9月8日号

【関連記事】
よしもとばなな最新作は死と生の意味をかみしめる優しい物語
京都夫毒殺事件の容疑者の手口の酷似の直木賞作家の小説存在
還暦がイヤな大竹しのぶ「ハードなことをやっておきたい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP