ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尾崎世界観の“下の部分”ニューアルバムに込めた思い

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜朝8時からの番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)。のワンコーナー「ENTERTAIMENT LUNCH BOX」。8月27日のオンエアでは、クリープハイプのヴォーカル・ギター、尾崎世界観さんを招き、お話を伺いました。

尾崎さんは6月に小説「祐介」を発表。さらにクリープハイプとしては9月7日にニューアルバム「世界観」をリリースします。“祐介”は尾崎さんの本名のため、渡辺が「尾崎の下の部分がそれぞれタイトルになっている」と説明すると「尾崎の下の部分って、変な意味じゃないですよ? 名前の方ですからね?」と尾崎さん(笑)。

小説「祐介」を読んだ渡辺は「まだ芽の出ないライブハウスでやっているバンドマンの、どうしようもない男性の話」と解説し、「デビュー前のバンドマンの生活としては、かなりリアルに書いてないですか?」と質問。

尾崎さんは肯定しながらも「当時、楽しいことはいっぱいありましたね。悔しいこととか腹立つこともいっぱいあったんですけど、今につながっているものだったので」と当時を思い返しながら回答。そのときの思いを「どうにかして世に出せないかと思ったときに『小説なら出せるな』と思いました」ということから執筆したそうです。

アルバムの「世界観」というタイトルは、どんな意図で付けられたのでしょうか?

「小説を出して…しばらくしてから、これ(祐介)は過去に向き合ったから、現在に向き合ったアルバムは『世界観』にしたら面白いんじゃないかなと思って」と尾崎さん。このことから「並べられるように」という狙いで、CDジャケットを小説と同じ大きさのDVDサイズにしたそうです。

尾崎さんは昨年、悔しいことや落ち込むことが多かったそうですが、「今年になってから小説も出て、ドラマの主題歌のシングルも出したりして、だんだん上向きになってきて。『このアルバムを出すために、いろんなことをやってたんだな』と思うようなアルバムですね。『この溜め込んだものを出せるかな』というような」とアルバムへの思いを語る尾崎さん。さまざまな思いが込められている様子です。

そして、クリープハイプの全国ツアー「熱闘世界観」が“1回表”の富山から“12回裏”の仙台まで、全国22都市24公演行われます。また、尾崎さんは、J-WAVE深夜1時からの番組「SPARK」の月曜ナビゲーターも務めています。こちらもぜひ聴いてみてください♪

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP