ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

成田空港でコレを食べて! 出発間際の「駆け込みグルメ」を堪能しよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

成田空港は国際線・国内線ともに利用客が多い、メガエアポート。ターミナルの建物2フロアにわたるショップ&レストランフロアには、通過するには惜しいお店が充実しています。出発までに時間がないけどお腹が空いた! そんなあなたにぴったりな“駆け込み”グルメをご紹介です。

・「本格だし茶漬け えん」で胃も心も温かく満ちる一杯を
旅——特に海外へ発つ前に、頭を過るのは“日本食”のおもかげ。「出発前日どころか空港到着まで慌ただしく、食べそこねた」。そんなときこそ、さらりと食べられるうえにほっと落ち着く、お茶漬けがおすすめです。

「本格だし茶漬けえん」は昆布といりこ、数種類の削り節と鶏でとっただしが自慢のお茶漬けが、常時約10種類そろう専門店。粘り気の少ない米「宮崎県ひとめぼれ」に和の素材をのせて、だしをかけていただきましょう。

二つの小鉢と味噌汁がセットになるのも魅力。値段はメニューにより異なります。定番「鯛だし茶漬け」のほか、季節限定のものにもそそられますね(取材時は「うなぎのひつまぶし風だし茶漬け」)

・これから飛び立つ空を眺めつつ「海鮮三崎港」でひとつまみ
「料理を待つ時間もない」。そんなときは究極の駆け込みグルメ“回転寿司”で手を打ちましょう。

おなじみの回転寿司チェーン「海鮮三崎港」成田空港店の抜きん出た魅力は、ターミナル最上階のロケーションを生かした空間。外に面した壁に取り付けられた大きなウインドウからは、日がたっぷり差し込みます。窓越しに空を眺めながら自分のペースで寿司をつまむ……なかなか小粋ですよね。

「イートインする時間がない」「お金もかけたくない」。そんな方は5階にあるコンビニや4階のファーストフードやカフェへ。

ただし100mlを超える液体は機内持ち込み不可のため、その場ですぐ飲みきれそうになければ、泣く泣くドリンクは諦めましょう……。

もっと詳しく読む: 成田空港でコレを食べて! 出発間際の「駆け込みグルメ」を堪能しよう(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/08/27/casualgourmet-narita/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP