ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【陰ヨガ効果を体感】身体をゆるめて心を休めるバタフライのポーズ

  • ガジェット通信を≫


ここ数年の間で名前を聞かれるようになった「陰ヨガ(インヨガ)」は、ポーズを長時間保持する、独特なアプローチのヨガのスタイル。Fuminners(フミナーズ)読者のみなさんの中にも、陰ヨガを試したことがある方もいらっしゃるのでは?

実は、この陰ヨガこそ、就寝前のヨガとして最適です。今回は、陰ヨガの解説と陰ヨガの効果、そして初めての方にもオススメの陰ヨガの基礎的なポーズ「バタフライのポーズ」の実践方法をお伝えします。

陰ヨガのエッセンスは古代中国の叡智!

「陰ヨガ」は、一つひとつのポーズをじっくりと3~5分程度保持することで筋肉をゆるませて、身体の深部にまで働きかけることで、血液やリンパの流れを促します。

また、“静止のヨガ”とも言われることから、自分の内面をじっくりと観察し、瞑想的なマインドを育むことができます。一般的なハタヨガは古代インドの哲学をベースにしていますが、陰ヨガは、古代中国の自然哲学や伝統的な医学である「陰陽五行思想」の考え方がベース。

その組み合わせるポーズによって、全身を巡る“経絡(気の通り道)”に働きかけていき、特定の身体の不調にアプローチしていくことも可能なのです。

ここから、陰ヨガを語るうえで欠かせない、陰陽思想や肉体的・精神的な効果についてもお伝えしていきます。

陰ヨガ思想のベース【陰陽思想】

宇宙を形成する森羅万象は「陰」と「陽」の二つのエネルギーで構成されており、真逆な性質のエネルギーが互いにバランスを取りながら成り立つという自然哲学。いくつか例に挙げると、

<陰>  <陽>

女    男

月    太陽

下降   上昇

静    動

夜    昼

地    天

冷    温

柔    剛

遅い   早い

感受性  積極性

など。これらは、白と黒の太極図が象徴するように、陰と陽がひとつの和(円)になり、中庸を目指すもの。東洋医学やインドの伝承医学のアーユルヴェーダ、マクロビオティックを代表とした食事療法の基礎にもなっています。陰ヨガのテクニックでは、現代社会特有の外的なストレスによって、極陽的に傾いた体内のエネルギーバランスを調和に導くことが目的のひとつになります。

・陰ヨガの肉体的な効果

一般的な動きの多いヨガ(陽ヨガ)は、筋肉に働きかけ、体内エネルギーを上昇させることで、心身をアクティブな状態に導き、爽快感を得るもの。一方、陰ヨガはできる限り脱力を目指し、表面の筋肉をゆるめることで、もっと奥にある腱、靭帯、筋膜という結合組織や関節に刺激を響かせていくヨガです。

陰陽論の観点から、筋肉は「陽」、関節や筋膜などの結合組織は「陰」に属するため、陰ヨガのプラクティスでは「陰」の組織にアプローチしていきます。また、身体の深部から柔軟性を高めるので、身体の可動域が広がり、アスリートや陽ヨガを補うプラクティスとしても最適です。

・陰ヨガの精神的な効果

「陰」は「沈静」、「根付く」、という下降するエネルギーの特徴があるため、長く続けるうちに、感受性が高まります。興奮して“気が上がった(頭に血が上がる)”状態から次第に、肚に沈みこんでいくような、マインドの沈静効果が体験できます。

また、心身の緊張がゆるむことで、自然に呼吸が深くなることから、自律神経のバランス調整にも◎。睡眠中の心身の回復率もアップします。

陰ヨガの実践!「バタフライのポーズ」

曲げた足が蝶の羽のように見えることから名付けられた「バタフライのポーズ」は、股関節や太もも、背中全体の柔軟性を高め、“腎の経絡(腎臓)”を刺激します。ストレスや心労からエネルギーを消耗してしまった人や、心のアンバランスから、疲れているのに眠れないという人にオススメ。身体に血を巡らせ、心を休めるポーズです。

Step1:足の間にひし形の空間ができるように足の裏を合わせる。両手の平を上に向け、肩が楽な位置に置く。腰を立て、背骨を伸ばしてひと息吸う。

Step2:息を吐きながら、身体を滑らせるように前屈を深める。頭の重さを使いながら、背中を丸く。顔の表情や、首の力を抜く。このままの姿勢で3分~5分間、ポーズをキープする。

※身体が固い人は補助を使って

身体が固く、前屈することで上体に緊張が生じ、呼吸が浅くなる場合は、ヨガブロックや折りたたんだブランケット、クッションなどを、おでこの下に入れて高さのサポートを加えると、上体の力が抜けやすく、より効果も高まります。

ポーズを保持する間はタイマーをかけるなど、落ち着いてポーズに集中できる環境を整えることをオススメします。たとえ、初めは頭が床から遠く離れていても、深い呼吸を繰り返すうちに、少しずつ床に近づいていくので、身体が辿る進化の過程や、心の変化など、心身の微細な変化をしっかりと観察しましょう。

ポーズを終えた後は、あお向けになり脱力。目を閉じたままで、身体をほどいた心地よい余韻を味わいましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

ウトウトしてもよい瞑想!? 「眠りのヨガ」で寝ながら究極のリラックス!
足裏だけじゃなく口の中にも!?【お口のツボ】を刺激しよう!
西洋医学と東洋医学は、症状によって使いわけられる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP