ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

共感の嵐!「A型」と付き合うなら知っておきたい取扱説明書【まとめ】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


几帳面で真面目。
愛情深く、家族や恋人を大切にする。
コツコツと努力を続けることができる。
段取りをすることが得意。

ーーこれらは、A型の人とコミュニケーションをとるときに参考にして欲しい「A型あるある」の一部です。きちんとしている、というイメージが強い彼らですが、もちろん魅力はそこだけではありませんよ。

「A型」の責任感の強さと我慢強さにみんなが救われる

物事を段取り良く、きっちりと進めていくのが得意とされている「A型」。その真面目さゆえに「堅苦しい」と評価されてしまうこともあるけど、彼らの根気強さには、周りのみんなが助けられているのです。一方で、

・人からの評価を気にしている
・優柔不断な傾向がある
・融通をきかせることが難しい

といった傾向もありますが、計画的に物事が進められるので、とても「頼れる存在」であることに間違いはありません。

→「A型あるある」いくつ当てはまる?

細やかな気遣いができる「A型男子」

さっそく、日本人の血液型のなかでも最も多いと言われる「A型」の男子の特徴を見てみましょう。真面目でキレイ好き、という一般的なイメージに加えて、自然と細やかな気配りができるのも特徴的です。

計画に基づいて行動することが得意で、一歩一歩確実に階段を上っていくでしょう。その結果、自分に厳しくなりがちだったり、心配性になりすぎることも…。

→「A型男子に共通する性格」をもっと知りたい!

責任感と協調性で周りを支える「A型女子」

「なんでも、きっちりすべき」という考えが強いのが、A型女子の傾向。同時に自分自身への責任感も強く、引き受けたことには粘り強く取り組むことができます。

また、お世話になった人や大切な友人、知人への義理人情も大切にしていて、感謝やお礼にも律儀。

また、自分だけ目立つような行動は苦手で、協調性や周りの人との円滑なコミュニケーションに価値を感じています。

→「A型女子に共通する性格」をもっと知りたい!

そんな「A型」との恋愛はここがポイント!

ここからは、いざ「A型」と恋愛関係に発展したときの傾向を男女それぞれ紹介しましょう。

たとえば「A型男子」は、とても慎重に恋愛を進める傾向があります。少しずつ女性との距離を縮めて、知らないうちにそばにいるような自然なアプローチを好みます。

→「A型男子はこんな恋愛を求めてる」

また「A型女子」は、真面目で几帳面な反面、正反対の男性に惹かれてしまうことも…。基本的に慎重な女性が多いですが、A型の女性にアプローチするなら、心を開いてくれるまで積極的に自分をアピールするのが得策かも。

→「A型女子と恋愛するときのポイント」

同じA型でも長男・長女・末っ子・一人っ子で、こんなに違う?

ひとくちに「真面目で几帳面」とは言っても、さらに詳しく見ていくと、その恋愛傾向が明らかに…。

たとえば「A型×長男」の恋愛は、一途さが特徴的。またプライドの高い人が多いので、自分を褒めてくれる女性には心を開きやすいという特徴が。繊細な一面も持っていて、着実に距離を縮められるような「頼れる女性」が求められるかも。

A型×長女」は、その責任感の強さがより顕著になります。一方で、どうやって甘えたらいいのか分からないので、頼りがいのある男性にクラッとくる傾向も。「自分がしっかりしないと!」という立場が長いせいか、じつは恋愛には乙女チックだったり。

そして「A型×末っ子」を男女で見てみましょう。男性の場合は決して気が多いわけではなく、真面目なため、本当に心を開いた人にしか素の部分を見せない傾向があるようです。女性の場合、自分の内面を正しく評価してしっかりと受け止めてくれる男性を求める傾向があります。甘やかすだけではなく、ダメなところはダメと諭すことができる「大人の男性」との相性がいいかも?

最後に、「A型×一人っ子」の場合。男性に関しては、将来的なことや周囲への影響をじっくりと考えてから行動に移すタイプが多いので、まずは気になる女性と徐々に距離を縮めながら進んでいきます。女性の場合、もともと奥手なのですが、一歩を踏み出すことさえできれば、持ち前の意志の強さで一直線に進んでいくことができるはず。

【関連記事】

関連記事リンク(外部サイト)

あるある!「O型」と付き合うなら知っておきたい取扱説明書【まとめ】
A型男子の8つの恋愛傾向
思わずナットク?「B型」と付き合うなら知っておきたい取扱説明書【まとめ】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP