ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月9主演の桐谷美玲 キュンキュン満載の展開に照れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏の湘南海岸。イケメン3兄弟とのルームシェア。オシャレなレストランのパティシエ…。

 ドラマ『好きな人がいること』で、女の子の憧れがギュギュッと詰まった役柄を演じている、桐谷美玲(26才)。記録的な猛暑の中で行われる撮影に、「暑いですね~! 私はもともとそれほど汗をかくほうじゃないんですけど、さすがに暑すぎます…すごく日焼けしちゃいました(笑い)」

 とこぼしつつも、初の「月9」主演を心から楽しんでいる様子だ。

「中学生から高校生くらいのとき、月9ドラマが楽しみでした。火曜日に学校で『見た!』って盛り上がってましたね(笑い)。だからこの“スキコト”もそんなふうに楽しんでもらえたら嬉しいな」

 ドラマでは、プライドが高い天才シェフの次男に山崎賢人(21才)、三浦翔平(28才)が演じる王子様タイプの長男・千秋、お調子者の三男が野村周平(22才)と、イマドキのイケメンたちと一つ屋根の下に暮らす設定。

「プライベートで自分がそうだったら? 耐えられないですよ、毎日ドギマギしすぎて!」

 キュンキュン満載のストーリーには、

「やっぱりちょっと照れちゃうときはありますね。でも私は男性陣のカッコいい言動を受け止める立場なので、女の子代表として『ステキ!』と感じたまま演じています」

 と、笑顔。このインタビューの撮影の最中、通りかかった三浦がわざとクシャミをして笑わせるなど、共演者同士の仲の良さがうかがえる。ドラマのタイトルである『好きな人がいること』。桐谷にとってはどういうこと?

「いいことしかないんじゃないかな、と思ってます。何を見ても、何をしても楽しい。いつもの景色が違って見える…それが、好きな人がいることなんだと思いますね」

 そう話す彼女の瞳は、湘南の太陽よりもキラキラと輝いていた。

撮影/中山雅文

※女性セブン2016年9月8日号

【関連記事】
藤原紀香 愛之助も出演する新ドラマで新米バスガイドに挑戦
テレ東50周年ドラマ『永遠の0』主演の向井理 見どころ語る
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP