ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅官房長官が安倍首相との出会い語る「いつか総理になる人」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“歴代最長”の官房長官として安倍晋三首相を支え続ける菅義偉氏。これまでその実像が知られることはほとんどなかったが、話題作『総理の影 菅義偉の正体』のなかで、ノンフィクション作家・森功氏によるロングインタビューに応えた菅氏は、安倍首相との出会いについて、以下のように語っている。

 * * *
――そもそも付き合いはどこからか。

「もとをたどれば、私がまだ当選二回のときでした。自民党の総務会で私が『北朝鮮に対する制裁法をつくるべきだ』と発言した。拉致問題が判明した当時、九州に不審船が入ってきて大きな問題になっていた。で、日本人を拉致した国の船(万景峰号など)が、日本の港に自由にやってきていたわけです。

 なのに、それを止める法律がなかった。自立した国として、法律をつくるべきだと党の部会で強く主張したのです。それが新聞に載り始めて、安倍さんの目にとまったのだと思います。小泉内閣当時の安倍官房副長官のときでした。『一度会いたい』という話があったんです。そこが始まりです」

  北朝鮮問題の専門家でもなく、それまで関心が高かったわけでもない菅氏が、北朝鮮に対する制裁を法制化すべきだと訴えたきっかけは、むろん小泉政権時代に北朝鮮が認めた日本人拉致問題だろう。国会議員として当然ではある。

――なぜそんなことを他の議員は考えなかったのか。

「拉致問題はおかしいというのは、政治家として誰もが思っていたと思います。しかし、それをどうやって解決するか、と考えたとき、制裁法がなかったのです。あの船が拉致の司令塔のような役割を果たしてきたという“警告本”も出ていたのに、何もしなかった。当時日本は、北朝鮮に援助するか援助しないか、という選択しかなく、制裁の方法は何もなかったんです。

 それに対して安倍さんが『菅さんの発言は正しい。だから私も実現できるよう菅さんのことを応援する』と助言していただきました。そういう付き合いのなかで、『この人の国家観はすごいな』と思いました。(安倍の)政治家としての懐の深さというか、そこに感服しました。いつか総理大臣になる人だと思いました」

※森功・著/『総理の影 菅義偉の正体』より

【関連記事】
拉致命じられ日本に潜入した韓国秘密工作隊の悲劇を描いた本
北の日本人所在調査 拉致被害者、特定失踪者抜け落ちる恐れ
大前氏 「独裁」への道を着々と踏みつつある安倍政権を警戒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP