ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリストフ・ヴァルツ、ジェームズ・キャメロン監督の映画『Alita: Battle Angel(原題)』に出演交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリストフ・ヴァルツが、人気コミックを原作とする映画『Alita: Battle Angel(原題)』の初期段階の出演交渉に入った。ジェームズ・キャメロンが製作し、ロバート・ロドリゲスが監督を務める。

ヴァルツはローサ・サラザールと共演する。サラザールは、ゴミ捨て場から救出されて再構成された、26世紀の世界に生きるサイボーグ役を演じる。名前はアリータ。命がけで行った格闘技の訓練のことしか記憶がなく、凶悪な犯罪者たちを追うハンター・ファイターである。ヴァルツが演じるのは、アリータを救出し、その師匠となる、コンピューター専門医のドクター・ダイソン・アイドだ。

映画『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』に出演したサラザールは、ことし3月に本作に参加した。キャメロン、そしてライトストーム・エンターテインメントを通じて米20世紀FOXの製作を担当するジョン・ランドーは、現在、映画『アバター』の続編4作品のプリプロダクションに入っている。

FOXは本作の米劇場公開を2018年の7月20日に設定しており、製作費は1億7500万ドルから2億ドルとなる見通しだ。秋口に製作を開始する。

ヴァルツはクエンティン・タランティーノ監督の映画『イングロリアス・バスターズ』と映画『ジャンゴ 繋がれざる者』で2つのオスカー像を得ている。オーストリア出身のヴァルツは、映画『ビッグ・アイズ』でウォルター・キーンを、映画『007 スペクター』ではジェームズ・ボンドの宿敵にしてスペクターのボスであるエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドを、映画『ターザン:REBORN』では無慈悲なレオン・ロムを演じてきた。最近、アレクサンダー・ペイン監督の映画『Downsizing(原題)』の撮影を終えた。

ヴァルツはICMパートナーズと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP