ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界のセレブ『カーラ・ブルーニ』が証明!今、話題の幸運体質になる「24の運勢サイクル」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

出典:Paylessimages

人生は24年サイクルで、同じ運勢が繰り返しているのをご存知ですか?実は、一年ごとに「チャンス」「決断」「愛情」などのテーマが決まっているのです。

恋愛も仕事も次々とチャンスをモノにしている人は、この運勢に乗って生きている幸運体質な人。逆に、この運勢からズレしまうと、つかめるはずのチャンスや婚期を逃しちゃうなんて事も…!

まずは、各国セレブの成功者の運勢を24年区切りのフォーチュンサイクルで確かめてみましょう。

 

モデルから異国のファーストレディにまで上り詰めた女帝、カーラ・ブルーニで見る運勢サイクル

カーラ・ブルーニの生年月日は、1967年12月23日

マインドナンバーを導き出すためには、生年月日をすべて一桁になるまで足し算します。

1+9+6+7+1+2+2+3 = 31

さらに一桁になるまで足し算します。

3+1 = 4

マインドナンバーは【4】

「愛が人生のドラマに欠かせないエッセンス」そんな言葉が似合う彼女は、ニコラ・サルコジ前フランス大統領夫人。

 

サイクルのスタートにあたる開拓期に、このマインドナンバーを入れて左回りに数字を足していくと年表が出来上がります。

》自分のサイクルと運勢を確認する

フォーチュンサイクル,イヴルルド遙華,マインドナンバー,カーラ・ブルーニ

それでは、カーラ・ブルーニの恋愛運勢をみていきましょう。

スーパーモデルブームのときに活躍し、当時交際中だったエリック・クラプトンはミック・ジャガーに「彼女を奪わないでくれ」と懇願したものの、カーラはあっさりミックに乗り換えました。

 

29歳 種まきゾーンの可能性期

モデルの中でも、多くのデザイナーに愛され、トップクラスで稼いでいたものの、この年モデルを引退。

 

39歳 黄金ゾーンの実力期

その後、子供まで授かっていた哲学者から突如離婚を切り出されるなど、紆余曲折を経てこの年にサルコジ大統領(当時)と交際をスタートさせます。

驚くべきは、なんと交際3ヶ月でゴールイン。

野心家で、切れ者ながら成金趣味の田舎者というレッテルを貼られていたサルコジにとって、イタリアの良家出身で洗練されたカーラのスタイルは、支持率に大きく貢献したそう。

 

カーラを知る人は口を揃えて、「彼女こそ強烈な上昇志向の野心家である」といいます。

フランスでは彼女についての暴露本まで出版されていますが、みずから道を切り開き、異国の地で大統領夫人の座を得るなんて、まるでおとぎ話のようです。しかも、彼女はモデルとしても大きな金額を稼ぎだしていましたが、歌手としても大成功を収めています。

一流の男性と交際をしつつ、常に自分を輝かせる道を模索している彼女の人生には、女性として多いに学ぶべきかもしれません。

 

自分の周期を知り、新たな扉を開く24の運勢サイクル。あなたも過去を思いかえし、運勢の答え合わせをすることから始めてみませんか?

人生は24サイクルで繰り返しますから、あなたの悩みも過去の経験や知識が解決してくれるかもしれませんよ。

 

》自分のサイクルと運勢を確認する

 

執筆:イヴルルド遙華[イヴルルドはるか]

あなたに訪れる“幸運のタイミングが一目瞭然”。数々のカリスマモデル、人気タレントを幸せへと導いた、イヴルルド遙華監修・占いコンテンツ。

イヴルルド遙華のフォーチュンサイクル(http://eve.ura9.com/sp/

ELLE ONLINE(ハースト婦人画報社)や VoCE(講談社)に占いコンテンツを提供し情報バラエティ「なないろ日和!」(テレビ東京)などテレビ番組でも占いコーナーを担当。

著書に『運命のフォーチュンAmulet』(小学館)など。

東京・代官山に鑑定ルームをもつ。

イヴルルド遙華 公式サイト
http://www.ineori.com/

イヴルルド遙華 公式Facebook
https://www.facebook.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ウチナンチュウが海で泳がない、本当に怖い!その訳とは…!?
世界のセレブ『グレース・ケリー』が証明!今、話題の幸運体質になる「24の運勢サイクル」
【週末の出逢い予報】しし座は理想どおりの異性とめぐり逢える予感!!
もうすぐお盆休み。自分だけの聖地巡りで運気をUP!
世界のセレブ『スーザン・ボイル』が証明!今、話題の幸運体質になる「24の運勢サイクル」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。