ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カオサン通りから屋台が消える?出店の制限を検討中か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バックパッカーの聖地、タイ・バンコクの「カオサン通り」。国際色豊かで多くの屋台が連なるこの通りですが、なんとその屋台が撤去されてしまうかもしれません。

 

カオサン通りとは

photo by shutterstock

タイの首都バンコクで賑わう300mほどのストリートのこと。決して長い距離ではありませんが飲食店や服飾店、クラブなどが連なり、夜でも多くの人で溢れています。

「バックパッカーの聖地」と呼ばれ各国から旅人が集まる場所として知られていますが、近年は観光客の減少が問題となっていました。

 

屋台の撤去を検討中

現在月曜日に屋台の出店が禁止されているカオサン通り。しかし今後は木曜日から日曜日までの午後0時から深夜0時までに、出店を制限することが決まっています。

また出店する場合も、片側の道路のみに制限するとされています。

 

今後は全面的に屋台を撤去?

カオサン通りへの観光客が現象している原因として、屋台の数が多すぎることや衛生的な面が挙げられているそう。将来的にはカオサン通りだけでなく、サイアムやヤワラー通りでも屋台の規制が進むと考えられているといいます。

参照リンク
http://bsearch.in.th/news/khaosan-stall-ban/
http://www.thaich.net/news/20160824ks.htm

関連記事リンク(外部サイト)

井浦新が提案する4泊6日のアイスランド「スゴい旅」をプレゼント!応募は6月15日まで
ベテランバックパッカーが教える「チェンマイ」の節約術とは?おすすめは24時間150円のレンタサイクル!
「全旅人に朗報」3月1日よりインドビザの現地取得が可能に!
行き先はみんなの投票次第!中国の絶景ツアーが当たるキャンペーンが5月8日まで開催中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP