ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海に浮かぶような、全室オーシャンビューの貸別荘で「暮らす休暇」を楽しみたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Nowhere resort」は、Nowhere(世界中のどこにもないけれど)、Now-here(今、ここにある)をコンセプトにした、日常から一番近いリゾート別荘。一週間単位で一軒家をまるごとレンタル可能というシステムが特徴的です。

ただし、もっとも強調しておきたいのはその抜群のロケーション。特にこの「Nowhere but Sajima」は、まるで海に浮いているかのような感覚を味わえる、全室オーシャンビューがウリ!

あなただけの
「海辺の7日間」を

Photo by ChiyoeSugita

東京から電車で約1時間半。「Nowhere but Sajima」は、リゾートとして名高い逗子・葉山の南に位置する横須賀市佐島にあります。Photo by Nowhere resort

その目的は、忙しく詰め込む観光的な休暇ではなく、のんびりと湘南の魅力を味わいながら「暮らす休暇」を提供すること。一日中水平線を眺めたり、家族や友人とゆっくり話をしたり、地元の食材を買いに行ったり──。

そこには、ローカルな人とモノの魅力に触れることでその土地の文化を感じれば、それこそがもっとも思い出に残るバケーションになるという信念があるのです。

ロケーションが
とにかく非日常的すぎる…

Photo by ChiyoeSugitaPhoto by ChiyoeSugitaPhoto by Chiaki Yasukawa

目の前に広がる海をすべての部屋から眺められるようにデザインされた、海を楽しむための家。

12個の窓は全部が異なるデザインで、窓の周囲の壁の色も変えているため、時間帯や部屋によってまったく違う海の表情を楽しめる工夫がなされています。Photo by Chiaki Yasukawa

大きな窓のあるリビングからは、日中は富士山や江ノ島を、夕暮れどきには海に沈む美しい夕日を、そして夜は満点の星空を満喫可能!Photo by Chiaki YasukawaPhoto by Chiaki YasukawaPhoto by Chiaki Yasukawa

最近では、休暇だけでなく、ハウスウエディングや撮影スタジオ、企業合宿としての利用も増えているそう。Photo by Chiaki Yasukawa

その土地の空気に身を委ねて、いつもと同じ日常を過ごしてみる。食べもの、散歩、地元の人との何気ない会話に、この場所での生活が染み込んでいく。

一軒家を通して味わう、自由で、自然で、自分らしい旅。次の休みは、そんな「暮らす休暇」を楽しんでみては?ちなみに「Nowhere resort」は、佐島のほか、葉山、秋谷にも施設を貸し出し中。予約はこちらから。Photo by 平岩 亨Licensed material used with permission by STAYCATION

関連記事リンク(外部サイト)

1日だけ別荘気分を味わうなら、葉山の「THE HOUSE」がオススメ!
メジャー過ぎてスルーしがち?やっぱりみんなが選んでる、「国内旅行エリア」ベスト5
佐々木俊尚が実践する、新しい旅の楽しみ方「暮らすように旅をしよう」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP