ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乳児健診で運動発達の遅れを指摘された息子。その理由は筋肉の「低緊張」!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長男の生後10か月目の乳幼児検診の日、私は重い気持ちで病院に向かいました。

自宅で問診票の記入は済ませておいたのですが、明らかに「できていない」項目が多かったのです。

お座りもまだまだ不安定だし、つかまり立ちもできない。

そのことがかなり気になっていた私には、専門家から決定的な診断を下されるのが怖いという気持ちがあったのです。

結局、検診では約3か月の運動発達の遅れを指摘され、精査のために小児専門病院に行くように言われてしまいました。

同時期に生まれたお友達と比べると、動作がどこか不安定で、ゆっくりだった長男。

やっぱり、かなり遅れているんだ…。

もし、背後になにか悪い病気があったりしたら…。

そう考えただけで、不安で泣きそうになってしまう日々。

それから約1か月、予約待ちの期間を経て小児専門病院へ。 関連記事:不動の男!?我が子はオイルヒーター型。発達で悩んでいたときに救われた姉の言葉 by 眉屋まゆこ

紹介状に目を通した先生は、「ちょっと動きをみてみましょうか」と、早速長男の手足を動かしたり、発達チェックシートを用いたりして評価をはじめました。

その間、長男はされるがままできょとんとしていましたが、特に先生を怖がることもなく、普段通りの姿をみてもらうことができました。

「やはり、立ったり歩いたりといった粗大な運動が遅れていますね。筋肉が普通より柔らかい感じがするので、筋肉の低緊張のせいで力が入れづらいんでしょう」

筋肉の低緊張とは、筋肉を適度に緊張させることが難しい状態です。

うまく筋肉の緊張をコントロールできないため、運動発達に遅れがみられることが多いそうです。

先生によると、長男の場合は原疾患があるわけではないので、良性の低緊張である可能性が高いとのことでした。

良性であるがゆえに特に治療はありませんが、成長とともにいつの間にか改善していることもあるとのこと。

ゆっくりではあるけれど段階を踏んでちゃんと成長しているから…ということで、しばらく経過観察となり、その日の診察は終わりました。

長男が病気でなかったことには心底ほっとしましたが、低緊張はいつか良くなるのだろうか?今後の成長にどう影響が出るのだろうか?との不安は解消せず、もやもやとした気持ちが残りました。

それから長男は、半年ごとに小児専門病院の受診を続けました。

立ったり歩いたりといった運動面の発達は相変わらず平均より遅れていましたが、じわりじわりとできることが増えていきました。

私たちも遊びの中に全身運動を取り入れたり、たくさんお散歩で歩いたりして、筋肉をつけることで低緊張による動きにくさをカバーできたらと、あれこれ試みました。

それから約1年後、「しっかり歩けるようになったし、受診は今日まででいいですよ」との言葉を先生から頂けて、診察は終了となりました。

とは言っても、低緊張が完全に治ったわけではありません。

日常生活に大きな支障はないとはいえ、疲れやすかったり、転びやすかったりします。

それでも、長男は元気に保育園に通い、マイペースに少しずつ成長しています。

焦りや不安がないと言えば嘘になります。

人一倍負けん気の強い長男。もしかしたら成長とともに、いろいろと悔しい思いをすることになるかもしれません。

でも、長い時間がかかったとしても、最終的に筋肉の緊張が改善してくれれば、それでよし、です。

今は長男の底力を信じつつ、ゆっくりと成長を見守っていきたいと思います。 関連記事:2歳になってもハイハイしていた息子が初めて歩いた!涙なみだで喜びあった瞬間

著者:minimix

年齢:40歳

子どもの年齢:3歳と1歳の男の子

次男の病気を機に仕事を辞め、ライターとしての活動をはじめました。趣味はベリーダンス。歌や踊りが大好きな子供たちと、にぎやかな毎日を過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

我が家には「ママ」が2人!? キャラクターに「パパ」の座を奪われた旦那
そんなバカな!1歳3カ月の息子がいきなり英文!? コミュニケーションって難しい!
不動の男!?我が子はオイルヒーター型。発達で悩んでいたときに救われた姉の言葉 by 眉屋まゆこ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP