ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェレミー・レナー、映画『Arctic Justice: Thunder Squad(原題)』の主人公の声優に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Mandatory Credit: Photo by David Fisher/REX/Shutterstock (5661058ai) Jeremy Renner 'Captain America: Civil War' film premiere, London, Britain - 26 Apr 2016

ジェレミー・レナーが、AMBIグループによる3Dファミリーアニメ映画『Arctic Justice: Thunder Squad(原題)』の主人公の声優を演じることになった。

これまでに、同作には、アレック・ボールドウィン、ジェームズ・フランコ、アンジェリカ・ヒューストン、オマール・シーが声優として出演することが発表されていた。同作は、未熟なヒーローたちが手を組み、ジョン・クリーズが声優を演じるドクター・ウォールラスの企みを阻止し北極を守ろうとするというストーリーとなる。レナーは、キツネのスウィフティーの声を担当する。

AMBI代表のアンドレア・レルヴォリーノとモニカ・バカルディが、同作への全出資とプロデュースを手掛ける。アニメーションは、ディモス・ブリセラス(映画『シャーク・テイル』)により、AICトロントスタジオ外で製作された。

同作は、カル・ブランカーとボブ・バーレン(映画『スペースガーディアン 』)が共同で脚本を執筆した。AMBIグループのセールス部門であるAMBIディストリビューションが全世界の配給を監修する。

AMBIディストリビューションは、すでに米ウォルト・ディズニーと、ヨーロッパのドイツ語圏での配給契約を締結した。AMBIは、間もなく始まるトロント国際映画祭で、市場に向けて『Arctic Justice: Thunder Squad(原題)』のセールスを行う予定だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。