ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気駅そば店 斬新すぎるメニューで勝負の舞台裏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 鉄道旅の楽しみのひとつに「駅そば」がある。最近はテーブル席も増えてきたが、やはり立ち食いが主流の「駅そば」は、その駅へ行かないと食べることができない。フリーライターの小川裕夫さんが、チェーン店化が進むなか、個性豊かな人気の「駅そば」についてリポートする。

*    * *
 鉄道旅行の醍醐味と言えば、車窓を眺めながらその土地でしか味わえない食べ物や飲み物を楽しめることが挙げられる。自動車の移動とは異なり、アルコール類を楽しめることも鉄道旅行の大きなメリットだ。

 鉄道グルメと言われて、すぐに思い浮かぶのは駅弁だろう。現在、コンビニの普及で乗車前にコンビニ弁当を買い込む人が多く、駅弁業界全体は苦戦を強いられている。

 それでもブランド化に成功した駅弁は入手困難といわれるほど人気を博し、すぐに売り切れてしまう入手困難な”幻の駅弁”もある。

 駅弁を非日常的な鉄道食だとすれば、日常的な鉄道食は駅そば・駅うどんということになる。昨今、駅そば・駅うどんは淘汰・画一化が進み、その多くは鉄道会社の系列チェーン店になりつつある。

 特に、首都圏ではJR東日本系の駅そば店が多くを占めるようになり、古参の駅そばファンからは「どこの駅でも同じそばなので、駅そばの楽しみがなくなった」といった嘆きも聞かれる。

 多くの人が行き交う駅構内は、商売をするには一等地と言っても過言ではない。そんな一等地をみすみす他人に貸してしまうなら、自分たちで商売を始めたほうが儲かる――。そんな考え方から、JRや私鉄各社は駅構内の、それもとりわけ人通りが多く目立つ区画に自社の店を出店させてきた。

 立地でアドバンテージを得ている鉄道会社傘下の駅そばに、個人経営のそば店が抵抗できる術はなく、首都圏の主要駅からは名物そば店は次々と消えていった。

 そうした中、一人気を吐いているのがJR常磐線の我孫子駅で営業している「弥生軒」だ。同店は巨大な唐揚げが2つ入った唐揚げそばが名物で、鉄道ファンの間では誰もが知っている有名店。

 同店は、プラットホームで営業をしているので改札を出る必要はない。そのため、わざわざ電車をいったん降りて、弥生軒に立ち寄るファンもいる。また、逆に弥生軒の唐揚げそばを食べるためだけに入場券を買っているファンもいるほどだ。

 弥生軒のような奮闘している個性派駅そば店は減少の一途をたどっているが、鉄道会社系列のそば店だからといって、すべての店が画一的で無難な味になっているわけではない。なかには挑戦的な勝負商品を世に送り出そうと、試行錯誤している店もある。それが、関西を拠点にしている阪急阪神レストランズが運営する「阪急そば」だ。

 阪急そばは、その名が示すように関西の大手私鉄・阪急電鉄の系列店。だから、チェーン店にありがちな平凡な味・メニューと思い込んでしまうが、阪急そばは今年の夏限定メニューとして”かき氷そば・うどん”を新登場させている。

 それ以前にも、阪急そばは揚げたてのフライドポテトをそばにのせた”ポテざるそば・うどん”の提供を始めており、斬新なメニューで勝負する駅そば店として鉄道マニアやそばマニアの間では知られる存在だった。

 阪急そばが、斬新すぎるメニューで勝負する狙いは何だろうか?

「十三駅構内の阪急そばは、1967(昭和42)年に関西私鉄では初めて駅構内に出店した駅そば店です。長らく利用者から愛されてきましたが、近年は立ち食いというスタイルが時代にそぐわなくなり、客足が鈍っていました。そこで、一昨年に女性でも入りやすいような店舗にリニューアルしました。これまでは完全な立ち食い形式でしたが、リニューアル後は座席とテーブルを配置し、座って飲食が楽しめるように改めました。

 また、以前は食券形式でしたが、これも食後にレジで精算するスタイルに改めています。新メニューの開発は、そうしたリニューアルの一環です。女性をはじめ、幅広い利用者を取り込もうと考えたものです」(阪急阪神レストランズ営業企画部)

 リニューアル第一弾となった”ポテざるそば・うどん”は、社内でも賛否が真っ二つにわかれるメニューだった。しかし、実際にメニューに加わると、その斬新さが手伝ってたちまち人気メニューになった。あまりにも人気になったことから、系列のベーカリー店「FREDS CAF?」でも”ポテトうどんパン”が発売された。

“ポテさるそば・うどん”の快進撃は、その後も止まることはなかった。2015年(平成27)年には、立ち食いそば・うどんチェーン店「名代富士そば」が阪急そばに触発される形で”ポテそば”を販売。

 さらに、2016(平成28)年1月には、ポテトチップスでお馴染みのカルビーとコラボした”関西だししょうゆポテトチップスそば・うどん”を期間限定で販売している。奇抜とも思えたメニューは、確実に阪急そばの名物として定着した。

「今年、夏季限定で発売した”かき氷そば・うどん”は、機械を置く厨房のスペースの関係で十三店と西宮北口店のみの販売になっています。発売直後はテレビでも取り上げられるなど大反響をいただきました。それでも、私たちが思っていたほどの売上はありません。そのため、予定通り8月31日に販売を終了する予定にしています。今後も、引き続き斬新なメニューを登場させる予定にしていますので、阪急そばに足を運んでいただければと思っています」(同)

 鉄道グルメのフロントランナー・駅弁は、海外でもEKIBENとして販売されるようになっている。駅そばのチェーン化・画一化が進む中で、個性派の店が孤軍奮闘して駅そば全体が活性化すれば、駅そばもEKISOBAとして海外でお目見えする日は遠くないかもしれない。

【関連記事】
立ち食いそば屋で注文後に揚げられる出来たてかき揚げに舌鼓
うどん用小麦の使用量 香川に続く全国2位は群馬、3位は埼玉
夏に人気・甲子園球場の串キュウリ 一本串刺しの大胆な一品

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP