ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

余計な言葉はいらない。長続きする「しあわせカップル」の共通点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mail Online」によれば、結婚生活が7年続いたカップルは離婚しにくく、逆にもっとも離婚の可能性が高いのは、4~5年目のカップルだとか。世の中にはすぐ別れてしまう2人もいれば、長年付き合っていても関係良好なカップルがいるのも事実。その違いは、一体何でしょうか?

Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、しあわせで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう…とお悩みの人。参考にしてみては?

01.
2人だけのジョークがある

長続きするカップルは、2人だけの思い出がたくさんあります。そのなかには、他人が聞いてたところでよく分からない秘密のジョークも。こっそり目を合わせ、にっこりと笑いあえる。そんな、言葉がなくても楽しみを共有できる関係性は素晴らしいもの。

02.
一緒に感じる夜の
「その瞬間」

相手が夜の営みをしたいと感じれば、言葉にしなくてもなんとなく気づけます。ちょっとした表情の違いや、服装などを見て気持ちを通じ合わせることができるでしょう。

03.
すぐに分かる
パートナーの幸せや悲しみ

相手が悲しんでいるときは、何も言わずにそっと手を差し伸べます。しあわせなときは一緒に喜び、笑顔も2倍!長続きするカップルにとって、相手の気持ちは自分の気持ちと同じように感じるものなのです。

04.
「SEX」で言葉を使うのは
刺激が欲しいときだけ

長く続くカップルは、SEXのときに何をして欲しいか、何をしたいかなどを相手に聞く必要も、ましてや言う必要もありません。言葉を使うのは、いつもより少し刺激が欲しいとき。相手のカラダに身をまかせ、特別な時間を楽しめるのです。

05.
ケンカは言葉でするけど
仲直りに言葉はいらない

ケンカの1つや2つは、どんなカップルにも起こるもの。ですが長続きするカップルの場合、仲直りするときに言葉は不要です。相手を心から気遣い、本当に必要なことを行動で示すのです。

06.
答えが分かっていることを
いちいち質問しない

長く付き合っていれば、相手の考えが自然と分かるもの。わざわざ、言葉に置き換えて時間を無駄にする必要もないのです。

07.
気がつけば同じことを
考えている

話をしているとき、全く同じことを口にすることもしばしば。相手のことを分かっているからこそ、また同じような経験をたくさんしているからこそ、同じ感情になるのです。

08.
なんだか波長が合う

無理に合わせるものではなく、たくさんの経験を共にすることで合っていくものなのです。

09.
相手が困っているときは
自分より優先する

付き合いの長いカップルは、相手のことを自分のことのように気遣います。「助けて」「手伝って」なんて言葉は必要なく、言われる前に差し出すことが当たり前なのです。

10.
犠牲を犠牲と感じない

相手のためなら、自分を犠牲にすることもいとわない。そこには真実の愛があるのです。大切な人のためなら、自分のことを後回しにすることだってあります。

11.
相手を知ることは
自分自身を知ること

たくさんの経験や思い出を一緒につくり上げることで、お互いの心の深い部分で理解し合えます。それは、さらに自分自身を知ることにも繋がります。そこには言葉を超えた関係性があるのです。

12.
経験を通して
2人の人生をつくる

長年の愛情は、会話だけでなく経験を通して深まります。それによって、お互いの人生を深く知ることができます。愛し合う2人に必要なのは、言葉以上にお互いの存在そのものなのです。Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

楽しい結婚生活が長続きする「カップルの共通点」
あなたが恋人と「長続きする関係」を築けている8つのサイン
あなたの周りにもきっといる!長続きする夫婦に共通する「5対1の法則」って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP