ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シミは体の焦げだった?!“AGE”を増やさない食事法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美と健康に意識の高いみなさんは“AGE”という言葉を聞いたことがあると思います。AGE(終末炭化産物)が体内に蓄積されることで、老化が促進されることが分かってきています。特に肌のくすみやシミはこのAGEが原因であることも解明されているのです。ここではいつまでも若々しさを保つために、できるだけAGEを増やさない方法をご紹介します。

“AGE(終末炭化産物)”って一体何なの?

人間の体は主にタンパク質からできています。私たちが食事をすると摂取された糖分は血液によって運ばれエネルギーとして代謝されますが、血液中に糖が増加するとタンパク質と結びつき、さらに体温で熱せられることによって糖化し、それがAGEになります。つまりAGEとは「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。血液中の糖の濃度が下がらないと、糖化された物質は毒性の強いAGEになってしまいます。また、AGEはいろいろな食べ物にも含まれていて、それを食べることで体内に取り込まれます。食品として体内に入ったAGEの大部分は消化されますが、7%程度は消化されずに体内に残留します。

“AGE”が老化に関係があるってどういうこと?

AGEはタンパク質と結びつくことで、その場で蓄積されてしまいます。お肌のコラーゲンもタンパク質からできていますが、コラーゲンと糖が結びついてAGEができると、コラーゲンが硬くなり、肌のハリや弾力が失われてシミやシワ、くすみとなってしまいます。AGEが血管に蓄積すれば血流が悪くなり、お肌も衰えていきます。また、心筋梗塞や脳梗塞の原因ともなってしまいます。骨に蓄積すれば、骨粗しょう症の原因に、目に蓄積すれば白内障の原因になってしまうのです。

“AGE”を増やさない食べ方とは?

体内にAGEが蓄積することで、お肌の老化が促進されるだけでなく、体全体の老いにつながってしまいます。いつまでも若々しく健康に生きたければ、できるだけAGEを増やさないようにした方がよさそうです。体内で作られるAGEの量は「血糖値×持続時間」で表わされます。血糖値の高い人や血糖値が上がりやすい食べ方をしている人はAGEができやすくなります。また、AGEが多く含まれる食べ物を食べること多いという場合もAGEの蓄積は多くなってしまいます。AGEはあらゆる食材に含まれますが、特に多いのはスナック菓子やソーセージ、ハムなどの加工食品などです。AGEが多い食べ物を食べないようにするのは大切ですが、それよりも重要なのは食材の調理の仕方。調理の際の温度が高くなる程、油を多く使うほどAGEが多くなります。揚げ物や炒め物よりも煮物を多く食べるなど工夫することでAGEの蓄積を防ぐことができます。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP