ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊豆大島のおすすめ観光スポット7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

伊豆大島とは、伊豆諸島北部に位置する最大の島で、東京から船で2時間ほどでアクセスできるリゾート地として有名です。

都会では触れることのできない雄大な自然を肌で感じたり、新鮮な海の幸なども食べたり、日々の生活で忘れがちなゆったりとした空気を味わえるのも、またこの島の魅力です。
 
 
今回は、そんな伊豆大島で旅行する際に必ず訪れたい観光スポットをまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 
 

1.三原山

@akococoが投稿した写真 – 2016 8月 5 9:17午後 PDT

伊豆大島のシンボルといえば、標高758m島で最高峰の「三原山」。
 
 
この「三原山」は、およそ35年以内に一度の周期で比較的大きな噴火が起こり、今の姿へと形を変えていきました。山の周辺に咲く四季折々の美しい花が見ものです。


■詳細情報
・名称:三原山
・住所:東京都大島町野増
・アクセス:元町港から(三原山ライン・三原山頂口行き)36分
・営業時間:24時間
・定休日:年中無休
・料金:無料
・サイトURL:https://ja.wikipedia.org/wiki/三原山(Wikipedia)

 
 

2.地層切断面

Takayuki Aokiさん(@takpanda)が投稿した写真 – 2016 3月 29 9:41午後 PDT

圧巻の景観!まるでバームクーヘンのように、地層が幾重にも重なった「地層切断面」。
 
 
目を見張るような見事な縞模様は、まさに自然が作り出したアート。この素晴らしい「地層切断面」は、海外の火山研究者にも広く知られているそうです。


■詳細情報
・名称:地層切断面
・住所:東京都大島町野増字エンシュウアイノウ
・アクセス:元町港から東海汽船バスセミナー入口行きで20分、「地層断面」下車すぐ、または車で15分
・営業時間:24時間
・定休日:年中無休
・料金:無料
・サイトURL:http://oshima-gdm.jp/地層大切断面

 
 

3.東京都立大島公園 動物園

みい♂さん(@miy_m.m)が投稿した写真 – 2016 4月 18 10:05午前 PDT

噴出した溶岩をそのまま生かした、国内最大級のサル山があることでも有名な大島の動物園。
 
 
この動物園は、約60種350点の動物たちを飼育しており、さらに希少な動物の飼育・繁殖にも取り組んでいます。また、日本屈指の大きさを誇るフライングケージ内で飼育されている15種の鳥類も必見です。


■詳細情報
・名称:東京都立大島公園 動物園
・住所:東京都大島町泉津字福重2号
・アクセス:元町港から(大島公園ライン・大島公園行き)35分「大島公園」バス停下車
・営業時間:8:30~17:00
・定休日:年中無休
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.soumu.metro.tokyo.jp/11osima/park/www/htdocs/parkindex.html

 
 

4.波浮港見晴台(はぶみなとみはらしだい)

miya.chanoooooさん(@miya.chanooooo)が投稿した写真 – 2016 6月 22 6:14午前 PDT

美しい大島の全景を眺めたいならココ!「波浮港見晴台」から島を見下ろせば、波浮港の美しい円形の入り江と、きらきらと輝く海を望むことができます。
 
 
また港周辺には、昔ながらの木造の建物が立ち並び、純日本的な雰囲気が味わえるそう。日頃の疲れがすっと消えていくような、癒しスポットです。


■詳細情報
・名称:波浮港見晴台
・住所:東京都大島町波浮港
・アクセス:大島元町港→大島バスセミナー入口行きで42分、バス停「波浮港見晴台」下車、徒歩すぐ
・営業時間:24時間
・定休日:年中無休
・料金:無料
・サイトURL:http://www.rurubu.com/sight/detail.aspx?BookID=23360310

 
 

5.町営牧場・ぶらっとハウス

Kasumi_sさん(@ksmin0123)が投稿した写真 – 2015 8月 2 9:16午前 PDT

大島牛乳を100%使ったソフトクリームが絶品!かわいい牛さんに会うことができる「町営牧場・ぶらっとハウス」。
 
 
この牧場では、伊豆大島で獲れた新鮮な野菜や、牛乳やバターなども購入できるそう。伊豆大島のお土産にお悩みの方は、ぜひこの牧場を訪ねてみてください。


■詳細情報
・名称:町営牧場・ぶらっとハウス
・住所:東京都大島町岡田字新開
・アクセス:大島空港から徒歩20分
・営業時間:9:00~16:00(手作りアイスは10:00から)
・定休日:水曜日(GW・夏休み期間中など定休日が変更となりますのでお問い合わせください)
・電話番号:04992-2-9233
・公式サイトURL:http://www.izu-oshima.or.jp/work/look/bokujou.html

 
 

6.椿花ガーデン

@kawawea_が投稿した写真 – 2015 9月 9 4:23午前 PDT

「椿花ガーデン」は、四季の移り変わりを感じられる花々に囲まれている庭園です。のんびりとした時間を過ごせる、癒しの空間として、毎年多くの人がここを訪れています。
 
 
また、リスやウサギと触れ合える餌付け体験もできるので、家族で楽しむこともできます。


■詳細情報
・名称:椿花ガーデン
・住所:東京都大島町元町津倍付41−1
・アクセス:「椿花ガーデン入口」バス停下車
・営業時間:9:00~15:00(シーズンは16:30)
*予告なしに、営業時間や動物の展示などを変更する場合がございます。
・定休日:不定休
・料金:大人(中学生以上)830円、子供(4才以上)400円
・公式サイトURL:http://tubakihanagarden.com/index.html

 
 

7.筆島(ふでじま)

東海汽船さん(@tokaikisen)が投稿した写真 – 2015 10月 17 6:21午前 PDT

海と山に抱かれた、伊豆大島の南部にある「筆島」。景勝地として有名で、伊豆大島のランドマーク的な存在です。
 
 
この「筆島」は、おたいね浦の海中につきだしている高さ30mの奇岩で、形が筆の穂をたてたのに似ていため、こう名付けられたといいます。

高台から眺める島全体の景色も、まさに絶景そのもの!伊豆大島に行ったら、必ず足を運びたいスポットです。


■詳細情報
・名称:筆島
・住所:東京都大島町波浮港港淵
・アクセス:元町港から車で30分
・営業時間:24時間
・定休日:年中無休
・料金:無料
・公式サイトURL:http://oshima-gdm.jp/%E7%AD%86%E5%B3%B6

 
 

日々の生活に疲れたら…

東京から2時間ほどでアクセスできる伊豆大島。手軽に行けるリゾート地として、ますます人気が高まってきています。

心が癒される美しい自然。やわらかな伊豆大島の空気を、思いっきり吸って、日々のストレスから解放されましょう!

関連記事リンク(外部サイト)

スリランカのおすすめ観光スポット10選
フィリピン人さえ近づかないシキホール島で、魔女に「黒魔術」をかけられた話
オーストラリアのグリーン島に「絶対」ひとりで訪れてはいけない3つの理由
沖縄のおすすめ離島8選!のんびり散策して島時間を楽しもう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP