体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

帰国した後に経験する想定外な現実あるある6選

帰国した後に経験する想定外な現実あるある6選

長期間旅に出ていると日本での暮らしをすっかり忘れてしまいます。日本に住所を置いている以上、本人不在でも世の中は動いている…。

今回は、私がひとり旅から帰国後に感じたリアルな現実の話をしたいと思います。

 

税金徴収の金額

shutterstock_289767827

photo by shutterstock

現実逃避から一気に目が覚めたのは税金徴収の金額です。0が1桁違うのでは?と何度も複数の通知を見返しました。

私が納めなければなかったお金は、住民税・国民健康保険料・国民年金・生命保険・自動車税・駐車場料金・家賃でした。旅に出る為に会社を辞め、その時は持ち家に妹と暮らしていたため、不在中も生活費を月々3万円払うということで話がついていました。

月々3万円ならそんなに負担もないし、税金も2~3万程度だろうという安易な気持ちで、とりあえず多めに妹に30万預け通知が届いたら収めてもらうようお願いして5月に出国。

しかし、帰国後妹から「とっくに30万はない、むしろ立て替えている」と言われました。6月に届いたと思われるその複数の通知の合計金額に頭が真っ白。月々にして約15万円の出費でした。

会社に勤めていると会社負担分もあり、また給料天引きなのでそこまで苦しいと感じたことがありませんでしたが、これが無職の恐ろしさなんだと知った瞬間でした。

 

日本の世の中の流れを知らない

shutterstock_219686560

photo by shutterstock

日本にいる時は毎日ヤフーのトップニュースぐらいは確認していましたが、旅中は基本旅のことで頭がいっぱいで、wifiエリアでやることと言えば次のルート検索と列車や船の時刻検索。

旅中に日本のニュースを見なかったことで新しい制度を知らなかったり、それに気付くまでにも時間がかかりました。

ひとり旅から2年経った今でも感じるのは、誰と誰が結婚したなどの芸能ニュース。友人と話をしていても私だけ知らなくて一人で驚くことが多いです。まるでタイムスリップしたかのようにその期間の情報に疎くなっていました。

 

あらゆる物の有効期限切れ

shutterstock_195499565

photo by shutterstock

あまり重要視されていないのが期限問題。帰国後、カードや郵便物等の有効期限が切れていて本当に困りました。

特に銀行キャッシュとクレジット一体型の更新カードが本人の受け取りが必要で保管期間内に受け取れず、銀行まで出向いて再発行手続きをしなければなりませんでした。再発行手続きからカードが手元に届くまでの約3週間はカードでの引き落としができず…とにかく手間がかかりました。

長期不在になる場合は、出発前のあらゆる物の有効期限の確認をしておくべきだと身を持って感じました。

 

これからの仕事

shutterstock_254789692

photo by shutterstock

帰国日が近くなるにつれ、この刺激的で自由な暮らしがずーっと続けばいいのに…帰りたくないなぁと感じる日々。元々多趣味で色んなことに興味がある人間でしたが、旅をしている内に自分のやりたいことが多すぎることに気付きました。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。