ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

踊り手たちのダイナミックな演舞をご覧あれ!「第60回 東京高円寺阿波おどり」をJ:COMが8月27・28日に生中継

DATE:
  • ガジェット通信を≫


JR高円寺駅南北の商店街と8ヶ所の演舞場で1万人以上の踊り手が登場する「高円寺阿波おどり」は、約100万人の観客が詰めかける規模の大きさから、阿波踊り発祥の地 徳島市、埼玉県越谷市とともに日本三大阿波踊りと称されている。

ジュピターテレコムは、「第60回 東京高円寺阿波おどり」を「J:COMテレビ」と「J:COMチャンネル」で全国へ生中継を行う。今回は、踊り手が最も気合いの入る「中央演舞場」を中心に、クレーンカメラなどを含む合計9台のテレビカメラを設置。踊り手の壮麗で躍動感溢れる映像を、8月28日(日)16:30より「J:COMテレビ」を通じて、全国約1,359万世帯に向けて生中継する。

番組のメインMCには、杉並区出身のタレントで第66代横綱 若乃花の花田虎上さんを起用し、幼少期の思い出を交えながら、「高円寺阿波おどり」の魅力を紹介する。さらに、ゲストにはAKB48メンバーを予定している。

今年初の試みとして、東京エリアの「J:COMチャンネル」では、8月27日(土)・28日(日)の両日16:30より2夜連続の生中継を実施し、参加する全ての連を紹介。28日(日)は、同時放送のJ:COMテレビの内容とは趣向を変え、現場の音声のみで臨場感たっぷりにお届けする。

放送エリア・時間など詳しくはこちら
http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/ichioshi/koenjiawaodori.html

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP