ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気コミックnanaを売ろう!売れない漫画の買取のコツ

  • ガジェット通信を≫

nanaは映画化もされた矢沢あいの人気漫画で、2000年から連載開始しています。映画だけでなく、アニメやゲームにもなっているほどの人気ですが、現在作者が急病ということで7年間も連載が止まっている作品でもあります。

この未完の人気コミックを買取してもらうとき、どうすれば買取してもらえるのか、そのコツを紹介します。

nanaってどんな漫画?

あらためて説明する必要もないかと思いますが、nanaってどんな漫画なのか簡単に紹介します。

nanaの主人公は2人。東京暮らしの彼氏と同棲するために上京する小松奈々と、ミュージシャンになるために上京する大崎ナナの、2人のnanaが出会い、2人で暮らし始めることからストーリーが動き始めます。

その後、ナナとそのバンド活動を中心に、恋愛や友情のストーリーが描かれていきます。

nanaは現在、まだ未完となっていますが、21巻の時点で4561万部の発行部数があり、少女漫画では花より男子に続く人気作品になります。

アニメ化や映画化されやことで海外でも人気があり、漫画は外国語版が発売されるほどです。

単純計算で1巻あたり200万部以上売れているということは、この世の中に200万部以上のnanaのコミックが存在するということになります。ちょっと信じられない数ですよね。

ただ、中古で買取をしてもらうとき、この200万部という状態が非常にマイナス要因になります。中古市場で供給過多になっているため、連載再開にでもならないかぎり、nanaのコミックはなかなか高値での買取は期待できそうにありません。

nanaを買取してもらうコツ

nanaのような供給過多になってしまった漫画は、ブックオフなどで1冊100円で販売されている漫画になります。1冊100円のコミックは買値は1冊5円くらいにしかなりません。

1冊5円の値段がつけばいいほうで、基本的にはどこに持って行っても0円か買取不可になります。コミックの状態が良くて、1冊5円くらいの値段しかつきません。漫画の買取で定評のある駿河屋ですら、買取価格が0円になっています。

連載が長期間止まっているということもあって、再開を待ちきれずに、あまりにも多くの人が手放した人が多いため、中古市場から溢れてしまい、古本店も買取しても売りさばくことができないためです。

しかもnanaのターゲット層の多くはすでに一度nanaを買っていますので、いまさら中古でも買おうという人はほとんどいません。連載が再開されれば、買取価格も改善される可能性がありますが、連載開始のめどはまったく立っていません。

それではどうすれば、nanaのコミックを買取してもらうことができるのでしょう。

全巻セットで古本点で買取してもらう

まず重要なのが全巻セットであることです。これ以外に買取してもらえる方法はまずありませんただし、全巻セットになっていても古本店での買取価格は500円にもなりません。よくても21冊で210円といったところではないでしょうか。

全巻セットでネットオークションに出品する

これが最も高値を期待できる買取方法になります。現在Amazonなどでの全巻セットが1200〜1500円ですので、全巻セットで1000円よりも少し安いくらいなら売れることがあります。

送料を出品者負担にして1200円くらいといったところでしょうか。そうなると利益は500円くらいになりますが、nanaの在庫数を考えるとそれ以上の高望みはできそうにありません。

→ウリドキでnana(全巻)最新の買取価格を調べる

nanaを少しでも高く買取してもらうためのポイント

1冊5円だとか全巻セットで数百円にしかならないなら、もうどうでもいいと思う人もいるかもしれませんが、それでもどうせ買取してもらうなら1円でも高く買取してもらいたいですよね。

ここではnanaを少しでも高く買取してもらうためのポイントを紹介します。

できるかぎりキレイな状態にしておく

これだけ売れない漫画も珍しいというくらい買取が厳しいコミックですので、買取時のチェックもかなり厳しいものになります。汚れや折れは簡単に買取不可の対象とされてしまいますので、落とせる汚れはしっかり落としておきましょう。

ヤフオクに出品するにしても見た目は重要です。キレイな状態でないnanaは買取してもらえないと考えて、きれいにしておきましょう。

できるだけ多くの買取店で査定してもらう

ヤフオクに出品できない人は、古本店で買取してもらうことになりますが、基本買取不可になるくらいの気持ちで、査定してもらいましょう。そして、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるではありませんが、そこそこの値段をつけてくれる買取店がでるまで諦めずに査定してもらいましょう。

基準としては210円を超えれば、そこが限界値だと考えてください。それ以上を期待する場合は、やはりヤフオクやメルカリなどでの買取を目指しましょう。

nanaを買取してもらうときの注意点

せっかく買値がついたnanaもちょっとしたミスで買取してもらえないことがあります。ここではnanaを古本店で買取してもらうときの注意点について紹介します。

買取時には身分証明書などを持参する

買取してもらうときは、必ず免許証などの顔写真と現住所がわかる証明書を持って行くようにしてください。これを忘れると買取してもらえませんので、絶対に忘れないようにしてください。

ただしマイナンバーカードは、書き写しやコピーを取ることが禁じられているため、買取時の身分証明書としては使えないことがありますので、気をつけてください。

未成年は親の同意書もしくは同伴が必要

漫画とはいえ、未成年からの買取はしてもらえません。未成年がnanaを買取してもらいたいときは、必ず親の同意書を用意するか、親と同伴で買取してもらいましょう。

同意書で大丈夫な買取店と、同意書ではダメな買取店がありますので、買取をしてもらいに行く前に、ホームページなどを調べておくか、事前に電話をするなどして、二度手間にならないようにしておきましょう。

まとめ

nanaは人気コミックでありながら、未完であるということと売れすぎてしまったということで、ほとんど買取不可に近い状態のコミックになります。

買取をしてもらうには全巻セットにすることが基本となり、それでも古本屋では数百円にしかなりません。少しでも高く買取してもらいたい場合は、ヤフオクやメルカリなどを利用して買取してもらうようにしましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP