体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ラスベガス】ベラッジオホテルで各国のエッセンスを取り入れたディナー

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

ラスベガス最後の夜。夫の誕生日でもあったのでちょっと背伸びをしてベラッジオホテル内のミシュラン星を獲得したスターシェフ「マイケル・ミーナ」でディナー。

【ラスベガス】ベラッジオホテルで各国のエッセンスを取り入れたディナー

まずは泡で乾杯。

【ラスベガス】ベラッジオホテルで各国のエッセンスを取り入れたディナー

アラカルトで頼むのは面倒だったのでコースで注文。それぞれの料理にベストマッチとなワインがついてくるペアリングも注文。まずはサーモンとキャビアの前菜。サーモンは大好物。キャビアも適量で美味しい。

【ラスベガス】ベラッジオホテルで各国のエッセンスを取り入れたディナー

パンもしっとりふんわり。バターを塗りたくって食べた。

【ラスベガス】ベラッジオホテルで各国のエッセンスを取り入れたディナー

周りの香辛料が辛くて美味しいんだけどトースト3枚はボリュームがありすぎるなあと思った。トーストに乗せて食べると合うしモリモリ食べちゃうんだけど、まだ続きがあるからトーストは1枚で我慢我慢。

【ラスベガス】ベラッジオホテルで各国のエッセンスを取り入れたディナー

出汁とコンソメを使って・・・と言う説明だったと思うけど、日本の煮魚のお味で美味しい。魚もふんわりしていてウマウマで食べた。

お料理の説明をして下さる男性がすごく丁寧なんですよ。わたくし等でも分かる様にすごくゆっくり大きく口を開けて話して下さるので聞き取りやすくてすごく助かった。アメリカ旅行中の接客の中で一番良かった。料理が出されるテンポも速すぎず遅すぎず流石だと思った。

【ラスベガス】ベラッジオホテルで各国のエッセンスを取り入れたディナー

■関連記事
【ラスベガス】お洒落なAriaホテル内で新感覚タパス料理に舌鼓

http://tabizine.jp/2016/08/19/92645/

窓際だとプールが見えるみたい。次回は窓際を予約しようかな。

【ラスベガス】ベラッジオホテルで各国のエッセンスを取り入れたディナー

パイ包みのスープ。「スプーンで周りを押して下に入れて下さいね」丁寧な説明。

【ラスベガス】ベラッジオホテルで各国のエッセンスを取り入れたディナー

中はオマール海老がゴロゴロ。スープも濃厚。

【ラスベガス】ベラッジオホテルで各国のエッセンスを取り入れたディナー
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。